以前、フリーウェイという項目でアメリカの高速道路について触れましたが、

アメリカ東海岸〜中西部には高速道路や橋を通る際に通行料金が掛かる場所もあります。そのため、フリーウェイという呼び方は西海岸では一般的ですが、実は東海岸ではハイウェイ(日本でいうところの高速道路)とかパークウェイ(業務用トラックなどは通行禁止される。)などという呼び方が浸透しています。

この有料道路や橋を通る際、日本の ETC のように自動で料金を支払いできるものがあります。これも呼び名はエリアによって異なりますが、東海岸では EZPass(イージーパス)、中西部では iPASS(アイパス)と呼ばれ、エリアごとに管轄する組織が異なります。

東海岸のEZPass

EZPass

 

 

 

 

EZPass 案内板

(左はEZPass 専用レーン、右はEZPassと現金レーン)

EZpass 案内板

 

 

 

 

高速道路上のEZPass ゲート(入口)

EZpass Gate

 

 

 

EZPass ゲート(出口)

EZpass Gate 2

 

 

 

中西部の iPASS

iPASS

 

 

 

 

 

アメリカの料金所ではクレジットカードでは支払いができないところも多く、

現金を持っていないと通れない(通してくれても後日違反金と一緒に通行料の請求が来る)ということもしばしばです。

また、通行料金が1ドルや2ドルの場合、紙幣ではなく硬貨でしか支払えない無人料金所も稀にありますので、万が一のために車には小銭を常備するというのがアメリカで運転する上での豆知識です。

ちなみに、EZPassやiPASSはクレジットカードや米国キャッシュカードを持っていればオンラインで無料でお申し込みできます。取り付けも両面レープで貼り付けるだけで工事も必要ありませんので、基本は通行料以外にコストは掛かりません。

料金所での渋滞も避けられるので、是非入手しておきたいですね。