コロナの影響で世界が止まり、また動き出しました。

私たちの生活も普段通りの物もあれば、未来に近づいた物もありますね。

一つ私が経験した出来事をご紹介します。

コロナのStay homeの中、私は体を壊してしまいました。原因不明の激痛がありました。

早速病院で予約を取り、当日予約が出来ました。しかしオンラインで診断と言うので、ちょっと驚きました。

WEB Cameraで受診する方法で決まった時間にカメラオンにして待機。診察は15分くらいでした。

受診するまでは不安でしたが、先生の的確なアドバイスと診断方法で不安がなくなり、受診後は気持ちも楽になりあっという間に完治してしまいました。

家で受診出来たり、会社で受診出来たり、移動時間は要らない。コロナに感染するリスクもない、なんて便利なんだと、つい朝まで思っていた不安よりも満足した気持ちになりました。

ちなみに処方箋もメールで頂きました。

今後のサービスで

全てがオンラインである必要はありませんが、人と接してサービスを受ければオンラインの満足度は全然違います。

今あるサービスの中でも今後オンライン+人でより便利な物が増えてくる可能性を感じました。

私はどちらかと言えばネットショッピングはあまり使わないです。それは人とのやり取りもなく決済してしまうので不安があります。

今後はオンライン+人でより良い便利なサービスが増えるかもしれません。

感染のリスクのためとは言え、移動時間の節約はかなり大きな影響があると思います。今回の病院で私の場合は最低でも2〜3時間は時間を他のことに使えました。

担当 今野