先日アメリカで個人用に携帯電話を契約しました。

アメリカの携帯契約は大変かなと思い、色々と調べてみました事をお伝えします。

今は日本でもi-Phoneなど携帯会社を乗り換えられるサービスが多い様で、本体をSIMフリーにしていればこちらで使えるので今回はそれを試します。

通常、日本の通信会社で携帯電話を購入した際は、その携帯電話にはSIMロックがかかっています。最近では日本では2015年5月よりSIMロック解除が義務化された事は有名で今では皆さんが知っている状態ですね。

今回はi-Phoneを使って契約してきました。使い慣れている携帯の方がやはりいいですね。

まずは料金を調べましたが、通信可能なエリアなど様々ありますがT-mobileでの契約でプリペイドにしてみました。月々50ドル分を買えば通信や通話は無料です。(アメリカ国内のみ)

以前は国際電話を使うこともありますが今はLINEやFacetimeなど簡単に日本へ繋がるので必要なしで考えました。

一番使うのはMAPや音楽機能ですのでデータ量を気にせずに使えた方が便利です。また日本へ一時帰国する場合も月々引き落としではないので維持費も抑えられますね。

お店に行くとその場で5分くらいで登録が終わりました。SIMカード(10ドル)を購入してその日に月額分の50ドルを支払うと完了です。

日本の様に細かい契約書は一切不要。SSNは必要なく、免許証で契約できました。1ヶ月すぎるとその場でTEXTで料金を払うか、コンビニでカードを買うかでまた継続して使えます。短期的に家族が訪れた際に購入は便利ですね。1ヶ月を過ぎれば料金がストップしますので特に必要な時に再開できます。

現在、コロナの影響で不便な状態が続いておりますが、今後の親戚や家族の旅行の際は準備しておくのもいいですね。

ちなみにコンビニにも充電ケーブルはかなり長いのも売っております。車の後ろでも十分充電できますね。

今から20年前にはPhonecardと言うものが存在しており、日本への国際電話をする際はそれが一番かったですね。自宅の電話に電話すると1回20ドルでかなり長い時間電話できるのですが、一度繋がっただけで課金されまたし、携帯に電話すると約3分の1に通話可能な時間が減っていました。

便利な世の中になりましたね。

 

今野

アメリカ転勤ジャーナル