アメリカに来たらまずは住む場所が大事ですね。

 

実際に探すといっても日本のような不動産会社もそんなに多くありません。

もちろん日本人の多いエリアでしたら日本語対応ができる不動産会社を利用するのもオススメです。日本人好みの物件やそのエリアなど詳しく相談できます。

しかし、日本人が多くないエリアはどうしたらいいのでしょうか。

色々と調べてみますと、お子様の学校や住みたいエリアのZIPコードなどで条件を絞り自分にあった条件で探すことが可能なサイトも存在します。

今回私が使用したのはこちらZIllOWというサイト

金額やベット数(部屋数)などで絞り込み可能です、さらに学区も調べたりその学校のスコアーなどでも検索できます。

実際に内覧の予約をとってその後不動産へ連れて行ってもらいました。

内装の写真も観れますが、もちろん現物も観たいですよね。

部屋はすぐに気に入りましたので、契約を進めました。

(シロアリやダニに関しては厳しく項目はありましたがそれは発見したらすぐに知らせる義務がある程度でした)

契約書類は一つ一つ丁寧に担当の方が説明して頂けたのでなんとか契約できました。

皆様も家探しをする際に、一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

今野