駐在員としてアメリカに来た日本人の多くは、渡米後にゴルフを始める方が多いようです。今回は何故ゴルフを始める方が多いのかを調べてみました。

まずアメリカでゴルフを始めるメリットは、日本に比べて圧倒的にお金がかからないことが挙げられます。道具を揃えたり、コースに出たりするのに多額の費用が掛かるということから、ゴルフを敬遠している人も多いはず。ですがアメリカは道具も比較的安く手に入りますし、コースでプレーする料金も日本の約半額です。それに、ドレスコードも日本ほど厳しくなく、パブリックコース(誰でも利用可能な一般的なコース)ではTシャツでプレーする人もいるぐらいです。ロッカールームや風呂もないので、プレーが終わったらすぐに帰宅。という軽い感じですので、ゴルフを敬遠していた方でも気軽に始めることができます。

土日のゴルフ場は早めに予約を入れていないとプレーできないぐらいに賑わうそうです。それぐらいアメリカではポピュラーなスポーツです。

皆様もアメリカに渡米されて、スポーツを始めるのであれば、ゴルフも選択肢の一つにしてはいかがでしょうか。

久保 勇人