海外旅行も一般的になってきたので、

 

「チップなんて、文化知らなかった!!」

 

という方は、大分少なくなってきたかと思います。

しかし、日本には無い文化なので、

いざ、生活してみて「実際どれくらい払えば良いんだろう??」

なんて、シチュエーション沢山ありますよね。

今回は、簡単にスマートなチップのお支払いをご案内いたします。

 

1.レストランでの支払い

多くの人が一番チップを払う機会が多い場所だと思います。

ちなみに、サーブなどのサービスを受けないファストフード店ではチップを支払う必要はありません。これは、チップがサービスに対するお礼=サーブやトレイの片付けを自身で行うお店では適用されないということです。

レストランでの支払いのチップは概ね15〜20%が一般的です。

余程のことがない限りは、15%以上支払うことにしましょう。

(15%以下の場合、担当したスタッフに再度確認される事になります。その際に、理由を説明するか店舗の責任者に事情をお話しされると良いと思います。EX:サービスが悪かった)

特別なサービスをされた場合は、上乗せしてお支払いされることをお勧めします。

景色の良い席に変えてもらった・広い席に変えてもらったなどです。

毎度15%っていくらだっけ?と、計算するのも面倒だと思います。

その時は、レシートの内訳を確認しましょう。

TAXの欄がありますので、こちらの額面の2倍支払えば15~20%のチップになります。

(州や地域によっては例外もありますので絶対ではありません)

支払いは現金でもカードでも大丈夫です。(カード利用ができない飲食店もあります。もしくは最低支払い額が決まっているお店もあります)

キャッシュの場合は、最初の支払いに含めても良いですし

お会計後に、別で渡しても大丈夫です。テーブルの上に置いておく場合、

紙幣が飛ばないようにしてあげるとスマートです。

また、小銭だけでの支払いはやめましょう。

それ以外の飲食店では、バーカウンターなどで、

バーテンにドリンクを提供してもらった際にも渡しましょう。

基本的には1杯につき$1で大丈夫です。

 

2.タクシー

こちらも15〜20%が一般的です。

ただし、どれだけ近くても、$1は渡すようにしましょう。

また、早朝や深夜の場合。荷物の積み下ろしを助けてもらった時には

プラスで多く渡す方がスマートな渡し方でしょう。

 

3.ホテル

ホテルでは、チップを支払う場面が多いです。

ドアマン、ポーター、ルームサービス、ルームキーパーなどです。

(他にもコンシェルジュなど)

それぞれ、$1〜$2ですが、サービス料が支払いに含まれていても

支払うようにしましょう。

 

レストランもそうですが、

彼らの給料は、チップを基に成り立っています。

(時給が数ドルということも多くあります)

サービスの質ではなく、サービス自体に対する支払いと考えましょう。

その上で、満足出来るサービスをしてくれた場合には、

ちょっと足してあげましょう。

スマートにチップが払えれば、

あなたが現地に溶け込む第一歩になると思います!!