「自宅不在時の配達物受け取りについて」
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
アメリカで生活をしていると、日本では考えられないと感じることが多々あります。

本日はその一つを実際の経験を元にご紹介させていただきたいと思います。
私はアメリカに転勤してきて5ヶ月になリました。買い物をするのが好きなのでこの5ヶ月間で色々な物を買いました。

欲しいものを自分の足で探しに行って購入するというのが一番良いですが、現代ではネットでも欲しいものが手に入りますよね。Amazonやebayなど様々なWebサイトがあり、顧客レビューや価格を比較しながら買い物ができ、更に配達までしてくれるのがネット購入のいいところです。

しかしアメリカでのネットショッピングはトラブルも多いです。ネットで購入した物がいつまで経っても届かないなんて事が何度もありました。その度にトラッキング番号で調べたり、配達業者に問い合わせをするのですが、既に「配達済み」とのこと。

日本では配達時に自宅を不在にしていた場合、不在通知書がポストに入っていて後日再配達できたり、集配所に取りに行ったりすることができますが、どうやらアメリカの配達システムでは自宅を不在にしている間に配達物が届いた場合、玄関先に置いておかれるケースも多いようです。そして、それがそのまま盗まれてしまうというケースもあるようで、私もその被害に遭っていました。

ですが、ご安心ください。私は購入元にそれを伝えたところ、もう一度同じ商品を送ってくれました。アメリカでは普通のことだそうです。
このように、アメリカと日本との文化の違いや生活の違いに戸惑ったり、混乱したりすることもありましたが、今では普通に生活ができていますし、アメリカを理解すれば日本よりも生活しやすいかもしれません。

私は少し勉強不足だったかもしれませんね、馴染むのに時間がかかりました。皆様におかれましては十分な知識を持った上での渡米をおすすめ致します。

 

 

 

久保

https://gulliverusa.net/

https://gulliverusa.net/find.aspx