皆様、日本には無いアメリカの交通ルール、いくつかあるのはご存知だとは思うのですが、私が一番気になったアメリカの交通ルール(道路標識)をお伝えしたいと思います。

日本の道路を走行する際、双方向の間には中央分離帯か交差点付近に多くあり新しく車線が増える手前などに設けられている導流帯(ゼブラゾーン)はご存知ですよね?

しかしアメリカにはその他に双方向の中央にもう一車線、車線が設けられている道路があります。

この中央の黄色の車線は何でしょうか?

 

 

 

 

 

どちら側の車線?と思った方もいらっしゃるのではありませんか?

 

正解は双方向の車線です。

この車線は【中央左折線】といいます。

中央左折線は日本人には馴染みがないですよね?

双方の車が左折に備える為、または許可されいる場所でUターンに備える為の車線に使用されます。この車線で走行できる距離は200フィート(約61m)です。それ以上の走行はできません。当然ですが追い越し車線でもありません。

 

以下の写真をご覧いただきたいのですが前方の白い車が中央左折線で停止しています。こちらの車は対向車が過ぎ去るのを待ってから左折しようとしています。

 

 

 

 

 

注意していただきたいのが冒頭でお伝えした通り双方の車線の為、対向車も同じように左折に備える為、中央左折車線に進入してくる場合があります。一歩間違えると正面衝突もありえますのでご注意下さい。

 

日本とアメリカ交通ルールも似た点も多くありますが、アメリカにしかないルールも多くございます。

皆さん交通ルールをしっかり理解した上で運転し最高に楽しいアメリカライフを過ごしてください。

長岡