アメリカは、カード社会ですね。現金を使用する頻度が大幅に減っております。

また、現金を下ろす行為もちょっと怖いですよね。

そこで簡単な方法がございます。

いつも買い物をするタイミングで現金を引き落とせるのです。

それはカードで買い物をした際にカードを通した機械にキャッシュバック(CASH BACK)またはDo you want cash back?と表示されます。

そこで機械の画面に 20ドル 40ドル 60ドル Other

と表示されます。そこで選んだ金額を引き落としが出来ます。

アメリカのATMでは意外と手数料が2〜3ドル請求されますし、もったいなですね。

初めてアメリカに来てキャッシュバックを毎回見たときに、買い物をするとポイントがついてくるのだと思いました。

知らずに押してみると買い物をしたのにお金をくれるという意味がわからない状況になった方もいらっしゃると思いますが、それは自分のお金だったのですね。

実際に使って見ましたが、もうATMでおろす必要はないように感じました。

ただ問題もあり大きい金額は下ろせないケースもあります。200ドルなどはATMですね。

まとめ

アメリカのスーパーなどほとんどでこのサービスは使用できます。メリットはATMを使用してお金を下ろす必要がない、ATMも探す必要がないです。少額であれば買い物ついでに下ろせます。ATMで現金を下ろすことは場所によってはATMが銀行の外にありますので危険な場合があります。ここでは安全ですね。手数料も買い物と同じですのでかかりません。

デメリットは大きな額をおろしたい場合はお店にキャッシュがない場合があったり限度が決まっているお店もあります。注意してください。その他のケースはあまり聞かないですね。日本も始まっていると聞きましたがあまり聞かないですね。

日本と違って、色々なことが合理化主義のアメリカです。生活を工夫して住みやすいようにしてみてはいかがでしょうか。

今野