日本で路上駐車(路駐)をすれば駐車違反となるのが常識ですが、アメリカって日本とは違って路上駐車(路駐)しても良いところが多くあるのはご存知でしょうか。

 

 

 

 

路上駐車違反って聞くと、悪意があってやったではないかみたいな感じに思われますが、日本とは違ってアメリカだとStreet(路上)にしっかり駐車するという感覚です。流石はクルマ社会、Street(路上)が駐車場所。クルマの多さにもびっくりします。

しかし、路駐にも色々とルールがあるので、そこの路上に記されたルールをしっかりと確認しないと、Get ticket(罰金)になってしまったり、Tow away(牽引)されてしまったりするので、注意が必要です!

カリフォルニアでは、道路端にペイントされた縁石(Curve)の色で、その縁石沿いに駐車して良いのかどうかがわかるようになっています。

ペイントの色は、

  • 赤:駐停車禁止
  • 白:人を乗せたり降ろしたり、郵便物をとる際の短時間駐車はOK
  • 青:ハンディキャップの方のみ駐車OK
  • 緑:決められた時間のみの駐車OK
  • なし(コンクリートのグレー色):駐停車OK

路上駐車したいという場合は、Street(路上)の縁石の色のついてない所を探しましょう。

初のアメリカ生活でご参考にして頂けましたら幸いです!

宮武