先月、シカゴでは『シカゴモーターショー』が開催され開催地は非常に盛り上がっているという記事を発見致しました。最新のプラグインハイブリット車や電気自動車。また、SUBARU社が新型のレガシィを発表するなど注目のポイントが盛り沢山とのこと。

日本でも10月になりますと『東京モーターショーが』始まり、車が好きな皆様に取っては1年で最も愉しみなイベントと言えるでしょう。

アメリカ国内で実際に行われている【モーターショー】といいますと以下の4つになります。

・ロサンゼルスモーターショー

・デトロイトモーターショー

・シカゴモーターショー

・ニューヨークモーターショー

みなさん馴染みの深い都市での開催が多いのではないでしょうか。特にデトロイトモーターショー(別名:北米国際オートショー)は毎年1月に開催され、世界5台モーターショーの1つとなります。

とはいっても、そもそもモーターショーって何をやっているの?という方に簡単な内容と楽しみ方をお伝え致します。

 

 

 

 

 

モーターショーには主に【新型車種の発表・コンセプトカーの展示・その他特設展示】となります。

【新型車種の発表】に関しては各メーカーで販売中の現行モデルの展示や先に市販予定の最新モデルの紹介を先取りでお伝えしています。これから車の乗換を検討されている方などには役立つ情報があるかもしれません。

【コンセプトカー展示ブース】ではECO、近未来、自動運転、デザイン性など各テーマに沿って市販予定のない実験車両などが展示されています。私個人的にはおすすめです

【その他特設展示】では歴代のクラシックカーの展示などにそのモーターショー毎に決まったテーマの特設ブースが設けられます。

 

 

 

 

 

私の個人のお勧めは【コンセプトカー展示ブース】。雰囲気は車の展示会というより博物館や美術館の展示品のように愉しめます。普段あまり車を使用しない方でも私たちの生活に大きく関わってくる近未来のテクノロジーに触れる事が出来ます。

また、一般的にモーターショーでは屋外に試乗のスペースを設けられていて、運転免許さえあれば新型の車両を気軽に試乗も可能です。

もしかしたら皆様の町の近くでもこのようなイベントが開催されているかもしれません。展示場は広々としており一日ゆっくりと愉しめます。お子様も愉しめるブースなどもある場合がございますので是非この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

伊藤