アメリカで自動車の購入を決めた場合、次に必ず必要となるのが自動車保険の手続きです。

今回はアメリカでの自動車保険の内容とどのくらいの費用がかかるかのお話です。

 

アメリカも日本の自動車保険と同様に、対人・対物・車両保険の概念があり、さらに相手が保険に未加入だった時の無保険車保険と、衝突事故以外の盗難や火災の際の保険などがあり、これらを組み合わせて自動車保険となります。

日本と大きく違うのは、対人の補償額です。

日本では対人補償は無制限のものが普通ですが、アメリカではこの上限額が低く、一般的には1事故につき10万ドル〜30万ドルが上限ということが多いようです。

例外としてアンブレラ保険という、いわば保険の保険に加入できる場合はこの上限額を引き上げることができます。

アンブレラは自動車保険とは別に、家財を補償するテナント保険というものに同時に加入した場合にのみ有効になる仕組みで、掛け金も少し上がりますが補償額を通常の2倍から3倍にすることも可能ですので、自動車保険の補償額だけでは心もとない、という場合は一度お考えになると良いかと思います。

保険料は日本よりもかなり割高です。特にアメリカでは外国人である日本人はクレジットヒストリーが無いため初年度は高いですが、年々少しづつ下がっていきます。

 

あくまで自動車保険の一般例ですが、駐在員の場合は年額$1300-$2000くらいの保険料であることが多いようです。支払いは一括か分割が選べますので、このあたりは日本と同様です。一括払いでも帰国が決まった場合は中途解約ができ、支払った掛け金は戻ってきますのでご安心ください。

車が必須のアメリカでは同様に必須となる自動車保険。

正しい保険の知識をつけて素敵なカーライフをお過ごしください。

 

(瀬尾 俊之)