アメリカでも日本でも交通違反は罰則があります。

カリフォルニアは国際免許書をカリフォルニアの免許証に切り替えないと罰則を受けるとなっております。みなさん急いで免許を取得しますが、その後間違って交通違反をしてしまった場合のお話です。

カリフォルニアで交通違反をして警察に捕まってしまった場合。

まず、警察に道路で止められたらどうするか決して車から降りてはいけません。まず警察の指示をよく聞いてください。

余談ですが、私も夜友人と田舎道をゆっくり走っていると、後ろから警察が追ってきました、その際にスピード違反しているわけでもなかったのですが、後方からサーチライトを当てられ、よく映画で見る光景に遭遇しました。初めはびっくりしたのですが、友人が絶対に降りちゃダメという話と変な動きをするなと話しました。近づいてきた警察は銃を構えていました、窓を開けろと指示があり、免許を見せたところ、この辺は深夜にあまり車も走っていない時間なので一応止めたという話でした・・・。銃を構えていたのでおそらく泥棒と勘違いされたのでしょうか?結構びっくりしましたね。

もしスピード違反で捕まった場合はこの時にスピードチケット(黄色の紙)にサインを求められます。警察から地元の裁判所から郵便が届くのでそれに基づき違反金を払ってくださいと伝えられます。

違反金はいろいろですが、2〜3週間忘れた頃に郵便が到着します。それを地元の裁判所へ持って行きお金を支払ってください。

ここでポイントですが、罰金を払うか、ドライビングスクールに通うかでも選択肢があります。違反のレコードはDMV(免許の取得の際に行く場所)に記録されます。

そうすると、その違反の記録は開示され、自動車保険が上がる場合があります。

そうならないためにもみなさんここでドライビングスクールへ行くことをおすすめします。オンラインで受講できる学校もありますので、お忙しい方にはぴったりですね。

アメリカに来て違反する方も、ルールをよく知らなかった人は多いですが、実際自動車保険料が上がってしまうなんてことは避けたいですよね。

詳しくはお住いのエリアにドライビングスクールなどありますので調べてみてくださいね。