TAXリターンとは、税金の納めすぎの場合は返金されますし、納めている金額が規定に満たない場合は追徴されます。

TAXリターンという名前で、「申請すれば税金が帰ってくる!」なんて思い込んでいる人もいるようです。

通常、会社勤めの人は、給料から税金が天引きされているので、TAXリターンをする必要がありません。

ワーキングホリデーなど短期で働く場合、TAXレートの設定を1年で設定していて、超短期で働くの辞めたりすると、TAXレートが合わないため、TAXリターンをする必要がでてきます。

最初に書いたとおり、戻ってくるばかりではなく、逆に納めなければならないケースもありますので、誤解の無いように。