「プレスリリース」の記事

8%消費増税後のガリバー車種別販売台数増加率ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ガリバーインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:羽鳥兼市、以下:ガリバー)は、今回の8%消費増税前後(2013年10〜3月と2014年4〜9月)におけるガリバーグループ約430店舗の販売車種データより、増税後の販売傾向を調査しました。
 

■増税後、最も販売台数が伸びた車種は・・・なんと「BMW X」シリーズ!
 調査の結果、増税後最も販売台数の増加率が高かったのは「BMW X」シリーズで、増加率144%という高い数値を記録しました。更に、第2位は「BMW 1シリーズ」の増加率136%と、トップ2をBMWが占める形となりました。また、トップ10には全体的にコンパクトカーやミニバンなどの実用車でないクルマのランクインが目立ちます。

BMW X3bmw 1シリーズ









<増税後に売り上げ順位が上がった第一位のBMW Xシリーズ(X3)(左)とBMW 1シリーズ(右)>


増税後販売順位増加率rankingデータ期間:2013年10月1日〜3月31日・2014年4月1日〜9月30日
(総期間:2013年10月1日〜2014年9月30日)
対象:期間内のガリバー全店舗における販売データ(※期間内の販売台数が100台以下の車種を除く)


■1位と2位にBMWがランクイン!上位10位に高額車のランクインが目立つ。その要因は?
 BMW Xシリーズは、2010〜2014年の間にX1,X3,X5,X6のシリーズがフルモデルチェンジしています。そのため価格が下がり入手し易くなった旧型車が中古車市場に流れ、更にX1やX3といったモデルに関しては2010年と2011年のフルモデルチェンジから数年が経過したことで、中古車市場における最新モデルの球数も増加、購入者の選択肢が拡大しています。
 また、「増税の影響により新車購入者層が中古車の購入を検討する割合が来場者の約40%となり前年よりも高まった(当社輸入車専門店リベラーラ世田谷・チーフマネージャー)」傾向が見られるなか、特に増税のインパクトが顕著な「高級車」のジャンルにおいて、大幅に台数の増加が起こったことが今回のランキングにおける結果の主要因と考えられます。

■ガリバー全体としての増税後実績について
 増税の影響で2014年6月の小売実績は、反動減による落ち込みが見られたものの、7、8月は回復し前年対比を上回りました。今後としても、前年実績を大きく割ることはないという見通しです。


■ガリバーについて
 クルマ買取実績・中古車販売実績国内NO.1のガリバーは、2018年2月期の国内800店舗展開に向け、販売目標に40万台を設定し、様々なチャネル展開を行いながら小売り強化に注力いたします。今後、更にチャネルミックスによるグループとしてのシナジー効果が期待出来ます。
小売戦略
※2014年10月に、イオンオール木更津内のクルマを含めたライフスタイル提案店舗「HUNT(ハント)」を展開




■本件・画像データに関するお問い合わせ先                     
株式会社ガリバーインターナショナル 〒100‐6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル25階
広報担当:北川奈津子
TEL:03-5208-5501 FAX:03-5208-5511  MAIL:pr@glv.co.jp
Facebook:http://www.facebook.com/Gulliver.intl Twitter: https://twitter.com/GLV_PR















このエントリーをはてなブックマークに追加