「プレスリリース」の記事

輸入車専門店「LIBERALA(リベラーラ)つくば」をつくば市にオープンしました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ガリバーインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:羽鳥兼市、以下:ガリバー)は、2014年5月24日(土)にドイツ車の御三家であるメルセデス、BMW、アウディを専門に取り扱う「LIBERALA(リベラーラ)つくば」を茨城県つくば市にオープン致します。

ガリバーは、2017年度800店舗展開に向け、積極的な店舗展開を進めております。全国47都道府県にあるガリバーブランドの展開だけではなく、特定のユーザー層をターゲットとした「カテゴリ特化型店舗」の小売店舗展開を進めており、その中で「リベラーラ」は輸入車の購入層に対してのブランドとして位置づけております。

リベラーラは、その1号店「リベラーラ麻布(取扱車種:フェラーリ、ポルシェなどの高級輸入車)」を2013年2月に東京都港区にオープンし、そこで培ったノウハウを元に、輸入車マーケットのボリュームゾーン(200万~500万円の価格帯)に対して全国展開を進め輸入車の販売シェアを拡大しています。2013年8月には「リベラーラ世田谷」を東京都世田谷区にオープン、同年10月には北海道札幌市に「リベラーラ札幌」をオープン致しました。

リベラーラつくば外観

今回オープンする「リベラーラつくば」は、30~50代の男性を中心に、輸入車をお探しのお客様だけではなく、輸入車初心者のお客様もコアなターゲットとしています。全国420店舗のガリバーネットワークにて買取りした、年間約20万台の車両の中から、『高年式』・『低走行距離』の良質な車両を取り揃え、各ブランドや車種を一度に比較することができます。また店内は、都心の外資系ホテルのような趣向を凝らしたインテリアなど、これまでのリベラーラの雰囲気を引き継ぎ、カジュアルな雰囲気のなかで輸入車を身近に感じていただけるような空間を設計しています。

 

■出店地つくば市〜研究学園都市・新興住宅街〜

出店地であるつくば市は、学術都市としての街柄から年収500万円以上の人口割合が東京都と同比率であり、また、30代の若年ファミリー層の住む新興住宅の多い街でもあります。2005年にはつくばエクスプレスが開業し、東京都心との通勤・観光路線としてその大きな役割を担うなど、つくば市の都市としてのポテンシャルが読み取れます。「自分の納得出来るクルマを選びたい」「輸入車に興味はあるが一歩が踏み出せない」そのような方々に向け、30代の比較的若い世代や輸入車とあまり縁の無かった方々にもクルマ選びを楽しんでいただける空間を目指して参ります。

 

■購入層の裾野が拡大している輸入車

輸入車が日本市場へと浸透し、小型車ながら高級車ブランドの内外装・走行性能を持つ「プレミアムコンパクト」と呼ばれるような分野の人気が注目を集めるなか、ダウンサイジングの動きが日本のニーズを捉え、国産小型車からの乗り換え層や若年層の支持が高まっていると見られます。

 

■店舗の特徴

【外観】〜存在感のあるスロープに輸入車の並ぶ、モダンな外観

店外に大胆なスロープ(1枚目外観図参照)を設計し、広大な展示スペースを設けることで、常時およそ40台の輸入車を展示いたします。比較的手の届き易い車種から高級車まで幅広い車種を展示し、様々な志向のお客様にご満足いただけるよう、質の高いクルマ選びをサポート致します。

【試乗】〜五感でドイツ車を乗り比べ

従来のリベラーラと同様に、ドイツ車の御三家であるメルセデス、BMW、アウディを一度に乗り比べていただき、五感でクルマを選んでいただくことが可能です。実際にクルマを運転し身体で体感していただくことで、輸入車を身近なものとして感じていただくことを目的としています。

【店内ライブラリー】〜これまでのクルマ選びとライフスタイルを変える

ブックディレクターとして伊勢丹新宿店本館や羽田空港内ショップ等の選書にも関わるBACH(バッハ)代表、幅允孝(はば・よしたか)氏プロデュースの下、「車とそれにまつわる日々の生活がより愉しくなる」をテーマに本を並べます。これまでの輸入車販売店のイメージを取払い、新たな発見を得られるクルマ選びを可能にします。

リベラーラつくば

 メルセデス、BMW、アウディの中古車・中古車販売店なら、LIBERALA(リベラーラ)つくばにお任せください。

メルセデス、BMW、アウディの中古車・中古車販売店なら、LIBERALA(リベラーラ)つくばにお任せください。



 

今後「リベラーラ」は、宇都宮市や豊橋市への出店を予定しております。

 

■リベラーラ全体のオープン後からの実績推移

増税後の影響に関しましては、リベラーラ全体の新規来店数や売上自体への反動減等の影響はほぼ見られない状況で、前年同様の好調なペースで店舗実績の推移を続けています。これは、購入者層に「自分好みの良いクルマを手に入れたい」という傾向が高く、「良いものがあれば購入したいと考える人々が多い」市場であるからと考えます。

実際に、リベラーラ世田谷と札幌の月の平均販売台数はおよそ20台をキープし、オープン後も堅調な動きを見せています。店舗でのお客様の体験価値に重きを置き、試乗を通して乗り比べを行うリベラーラ独自の運営方針や、店内外のラグジュアリーかつカジュアルさを兼ね備えた雰囲気、店内のライブラリーのクルマに付随するライフスタイル提案などが好評を得、利用者の方々の支持につながっています。

 

■中古車も好調な輸入車

これらも含め、輸入車は中古車も好調を辿っています。中古車の登録台数は、2010年以降前年対比率が100%以上の数値を記録しています。(下図:日本自動車輸入組合資料2010〜2013年参照)これは、近年の新車輸入車の売れ行き好調で下取り車が増え、良質な在庫が多く揃うことで購入検討者にとって良い条件が整ったことが背景として考えられます。また、数年落ち程度の比較的新しい中古輸入車を購入し、そのクルマを数年乗用し売却するという「スマートな」ユーザーが増加していることも寄与しています。新車に近い状態の輸入車を新車販売価格から大幅に低い価格で手に入れられる可能性があり、また、クルマを手放す際も数年で売却すると比較的価値が落ちにくいとされるため、実質的なコストが押さえられるのではという考えがユーザーに浸透して来ています。

 

■店舗情報

○店舗名:LIBERALA(リベラーラ)つくば

○住所:〒305-0822 茨城県つくば市苅間1609-1

○営業時間:10:00~20:00

○定休日:木曜日

○電話番号:0120-82-2334

○敷地面積:648坪 建物面積:170坪 展示台数:約40台

 

■本件・画像データに関するお問い合わせ先
株式会社ガリバーインターナショナル
〒100‐6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル25階

広報担当:北川奈津子

TEL:03-5208-5501 FAX:03-5208-5511  MAIL:pr@glv.co.jp
Facebook:http://www.facebook.com/Gulliver.intl   Twitter: https://twitter.com/GLV_PR

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加