「プレスリリース」の記事

ガリバー、ASEAN市場での成長戦略を本格スタート タイ・バンコク市内にガリバーブランド1号店オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ガリバーインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:羽鳥兼市、以下:ガリバー)がタイの企業グループであるビリアグループ子会社と設立した合弁会社V-Gulliver Company Limited ( ブイ−ガリバーカンパニーリミテッド、以下:Vガリバー)は、2014年3月17日(月)に、タイ・バンコク市にASEAN加盟国でのガリバーブランド1号店となる ガリバー シーナカリン店(Gulliver Srinakarin Showroom ) をオープンいたします。

ガリバーは、中長期の経営戦略において、ASEAN加盟国をターゲットにおいた成長戦略を進めており、2018年2月までにASEAN加盟国内で800店舗展開を計画しております。ASEAN加盟国は人口6億人を有する巨大市場で、著しい経済発展の中、中間層の拡大により、今後自動車需要において高い伸びが期待できる地域です。特にタイでは政府主導の新車購入支援施策も実施され、中間層を中心に幅広く自動車保有が進んでいます。その結果、数年後には中古車市場はより大きな市場に成長することが見込まれ、かつ、健全に発展していくことが望まれています。ガリバーは日本国内で培った高いレベルでの技術やノウハウを生かし、今後成長市場となりうるASEAN市場において、健全な中古車マーケットの発展を目指し、積極的な事業展開を進めて参ります。


タイ国内においては、Vガリバーがフランチャイズ本部機能となりFC方式にて店舗展開を進めて参ります。今後は2号店をタイ北部ナコンサワン、3号店をチェンマイに出店する事が決定しており、タイ国内で2016年2月までに300店舗展開を計画しております。店舗展開にあたってのFC加盟企業開拓についても、タイ現地企業だけではなく日本企業の開拓も行い、早急な店舗網構築を進めて参ります。また、ASEAN加盟国内の展開も同時並行に進め、2015年2月末を目処にインドネシア進出を計画しており、現在現地企業と調整を行っております。

■タイでの自動車市場について

2011年9月から2012年12月末の間、タイ政府は国内の自動車産業の活性化を目的に自動車購入支援策「ファーストカーインセンティブ」を行いました。この施策により、100万台以上の新車販売実績が記録され、タイ国内において幅広い層に自動車保有が進む結果となりました。またこの施策では5年間の転売が禁止されていることから、今後、特に2016年以降に大きな乗り換え需要が起こるものと予想され、中古車市場に大量のクルマが流れ込み市場が拡大されることが想定されます。また、中長期でのタイ国内自動車販売のトレンドに関しては、洪水など自然災害での一時的な需要の落ち込み、ファーストカーインセンティブでの短期的な需要の押し上。げその後の反動を加味しても、基本的には国内販売のトレンドは上昇していくものと考えております。


出典:みずほ総合研究所 みずほインサイト2013年11月20号

■タイの中古車市場について
タイでの年間の中古車登録台数は推計で約200万台と見込まれ、新車市場の約1.7倍と見込まれています。中古車販売の中心は“テント”と呼ばれる中古車販売店です。幹線道路沿いに中古車店(テント)が展開され、テントオーナーは中古車事業者に場貸しをし、20〜30店ほどでテントを構成、テントは全国で2000社程度あると推計されています。中古車事業者は少人数での運営がほとんどで、家族経営のような形も多く見られます。テントで販売される中古車は「保証なし」「現状渡し」がほとんどで試乗等もほとんど出来きません。このような環境からテントで中古車を購入する事を不安に思う一般消費者は数多く存在します。また、新車ディーラーによる認定中古車販売も行われていますが、過去販売した客の下取りを活発にすることで、新車販売をサポートする側面が強く、中古車登録台数の数パーセント程度とシェアは低い状況です。

<タイにおける新車登録・中古車登録数推移>

■タイ中古車市場での未開拓市場をターゲットに
タイ国内においては中間所得層をターゲットに彼らの「安心して中古車を買いたい」というニーズに対して、様々なサービス展開を行います。タイ国内には各自動車メーカーの販売店や系列の中古車販売店がありますが、単一ブランドの取り扱いのみとなっています、一方で「テント」と呼ばれる主には個人経営の中古車販売店が多数存在していますが、車両の品質やサービスに不安を感じる人は少なくありません。このような現状から、ガリバーは、タイの中古車市場で未開拓市場である 「マルチブランドの取り扱い」 と 「高品質な中古車やサービス」 を提供する店舗ブランドとして展開いたします。

■事業展開について
ガリバーのコア事業である「中古車の買取」「中古車の販売」を提供いたします。

<中古車買取事業について>

ガリバーが1994年の創業以来培った「本部一括査定システム」を導入し、タイ国内に広がる店舗での買取金額について一括コントロールします。価格は、タイ国内でのオークション相場や市場価格、また現地商習慣にあわせた価格算出を行います。適正な価格を算出し買取を行っていくことで、健全な中古車流通をめざしていきます。

また、クルマの査定については、「ipad mini」を活用、専用のアプリケーションを開発し、ペーパーレスでの査定方法を採用しました。
(査定の大まかな流れ)
①セールスは、車両本体を点検をしながら、車両の基本情報やセールスポイント、ダメージ情報を入力し、データを送信します。
②本部では送信されたデータを元に査定価格を算出します。この際確認事項がある場合はipad mini 内にインストールされているFacetime(ビデオ電話ツール)を使って、クルマの状況を映像で撮影しながら詳細確認を行う場合もあります。
③本部にて算出された価格はアプリケーション内に登録され、セールスよりお客様に提示いたします

<中古車販売事業>

買取車を中心に、常時店頭には40〜50台の車両を展示し販売いたします。展示車両については、特定のブランドに偏らず幅広いブランドから、日本における「良質な中古車」基準で、厳選した車両を展示する予定です。また、今後は、日本国内店舗で展開している画像販売システム「ドルフィネット」を展開、画像での車両販売にも注力する予定です。

■1号店 についての概要
<立地・商圏>
ガリバーのタイ1号店であるシーナカリン店は、タイの首都であり最大の経済都市であるバンコク市の中心地から東へ5キロに位置するシーナカリン地区に出店します。R店舗の近隣には大型商業施設が建設されており、また、中古車ディーラー街としても有名な場所です。また今後も商業施設の建設が予定されるなど、バンコク市内でも更なる発展が見込める場所として期待されています。

<店舗(ショールーム)について>
敷地内には、屋外の車両展示スペースと店舗(ショールーム)を設置します。店舗は外装・内装ともに日本国内のガリバーと同タイプ仕様です。タイの中古車販売店では、店舗(ショールーム)を構えているところはほとんどなく、新車ディーラーでクルマを選ぶような感覚で中古車をお選びいただける空間を提供します。また、店内サービスにおいても日本国内のガリバーでご提供しているサービスを踏襲し、「店舗スタッフ全員でのご挨拶」や「飲み物をご提供しながらの商談」といったおもてなしの気持ちを持った接客サービスをご提供する予定です。また、お子様連れでも気軽にご利用いただけるよう日本企業のトミカとコラボレーションしたキッズルームを設置するなどの試みも行っています。

<出張査定サービス>
バンコク市内にコールセンターを構築し、WEBサイト経由での出張査定申し込みを受け付けます。コールセンターではお客様とアポイント調整を行い、店舗スタッフをご自宅等に派遣し査定を行います。タイでは出張査定は行われておらず、ガリバーの独自サービスとなります。

<独自保証サービス>
中古車を購入することに不安感を感じさせないため、1年間のロードサービスや、3年間・5万キロまでの保証制度を設けるなどのサービスを導入します。

■店舗概要
店舗名 称:Gulliver Srinakarin Showroom / ガリバーシーナカリン店
所 在 地:
電 話: (+66)(0)2-748-8778
開 店 日: 2014年3月17日
営 業 時 間:午前9時〜午後18時
休 日:不定休
敷 地 面 積:1,708.6㎡(517.7坪)
延 床 面 積:206.6㎡(62.6坪)
車両展示台数:40台〜50台
従業員数:8名

■V−Gilliver について
名称:V-Gulliver Company Limited / ブイ−ガリバーカンパニーリミテッド
所在地:100/48, Vongvanij Building (Building B) 18th Floor, Rama 9 Road, Huai Khwang, Bangkok
設立:2013年5月23日
資本金:2,000万バーツ
代表者:Mr. Thongchai Jira-alongkorn / トンチャイ・ジラロンコン
マネージングディレクター:野村勝志/ Katsushi Nomura
事業内容:タイ国内での、ガリバーフランチャイズパッケージの企画・開発、フランチャイズ事業運営サポート

■本件・画像データに関するお問い合わせ先
株式会社ガリバーインターナショナル 〒100‐6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル25階
広報チーム 担当:長谷川・小林・角田・北川
TEL:03-5208-5501 FAX:03-5208-5511I MAIL:pr@glv.co.jp Facebook:http://www.facebook.com/Gulliver.intl Twitter: https://twitter.com/GLV_PR

このエントリーをはてなブックマークに追加