「プレスリリース」の記事

三菱自動車、ガリバーと業務提携 『i-MiEV』と『MINICAB-MiEV』を首都圏10店舗で取り扱い開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

~EV販売に関する国内初の自動車メーカーと中古車販売企業による提携~

三菱自動車工業株式会社(本社・東京都港区 取締役社長 益子 修、以下三菱自動車)と、株式会社ガリバーインターナショナル(本社・東京都千代田区、代表取締役会長:羽鳥 兼市以下ガリバー)は業務提携し、ガリバーの東京都・神奈川県の10店舗にて、三菱自動車の電気自動車『i-MiEV』『MINICAB-MiEV』の紹介販売*を8月4日(土)から10月31日(水)の期間にて行います。また、今後、取り扱い店舗の拡大についても検討していく予定です。
 *関東三菱自動車販売株式会社を含めた3社で紹介販売に関する覚書を締結。

ガリバーは1994年の創業以来、中古車の買取事業を中核に位置づけ、本部一括査定をすることで査定価格にバラつきをなくし、全国一律価格での買い取りに注力してきました。
近年では小売事業を強化し、ユーザーが中古車を安心して購入できるよう、保証の拡充など品質向上に取り組んでまいりました。また、EVなどのエコカーの登場による市場の変化を想定し、(新車・中古車に限らず)ユーザーがあらゆる選択肢の中から車選びを行うことができるよう品揃えを拡充し、大型展示場など小売事業に特化したチャネル展開も推進していきます。

三菱自動車は、EVの認知拡大、販売促進のため、家電量販店、TV通販など、系列販売会社以外でのEVの取り扱いに関する業務提携を行っています。一方で、中古車販売事業店との提携は今回が初めてとなりますが、年間60万人以上に及ぶ乗り換えユーザーとの接点があるガリバーとの協業を通じて、より幅広いユーザーにEVの理解促進を図っていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加