「パブリシティ」の記事

Gulliver Challenge Wall @ カンドゥー幕張新都心

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガリバーチャレンジウォール ロールプレイング (仕事の疑似体験)とレストランとを融合させた親子3世代で楽しめるテーマパーク「カンドゥー」が日本に初上陸しました。日本初の親子3世代でお仕事体験ができるレストラン併設型テーマパークにガリバーも出展することになりました。その名は、『Gulliver Challenge Wall(ガリバーチャレンジウォール)』。ウォールクライミングでチャレンジ精神を養ってもらおう!という試みです。
カンドゥーとは

「カンドゥー」は、ロールプレイング(仕事の疑似体験)とレストランとを融合させた、日本初の親子3世代で楽しめるテーマパークです。
DreamComeTruers,Inc.(米国フロリダ州、略称DCT)のルイス・ラレスゴイチ氏が基本コンセプトを開発し、2012年1月に、コロンビアのボゴタに「カンドゥー」の世界第1号店がオープンしました。

パーク内は、6つのエリアで構成され、中央に配置された約530席のレストランを取り囲む形で並んでいるお仕事体験ベニュー(航空会社、銀行、ラジオ局など)では、何度来場しても楽しい工夫が施されています。
レストランは、「大人には美味しい」「子供には楽しい」メニューが用意されています。
その日本1号店が「イオンモール幕張新都心」内にオープンし、その中にガリバーも出展することになりました。

ガリバーのベニューのアクティビティは、ウォールクライミングです。
名付けて『Gulliver Challenge Wall(ガリバーチャレンジウォール)』。
「なぜ、クルマを扱うガリバーが、ウォールクライミングを?」
その理由は、わたしたちの仕事に対する思いにあります。

「ガリバーは、1994年の創業以来「買い取りビジネス」の創出、インターネットを使った「画像販売システム」の導入、中古車の安心サービス「最長10年保証・返品サービス」、クルマとの新たな付き合い方「クルマの賃貸」、「ライフスタイル提案型展示場『WOW!TOWN(ワオタウン)』」など、常識にとらわれない「非常識」な発想で、これまでの自動車業界にはない、新たなサービスや商品を生み出すことに挑戦して続けてきました。

今回のプログラムでは、これまでの成長を支えたガリバーのコーポレート・コア・バリュー(企業の価値観)であり、社会生活の中で必要な「挑戦することの大切さ」、「チームワーク」、「目標達成の喜び」及び、「人とのコミュニケーション」を体験できるプログラムとして『ウォールクライミング』を採用いたしました。
わたしたちが仕事を通じて得ているものは、 クルマの仕事だから得られているのではなく、難しいことにも果敢にチャレンジすることから得られているのです。
『できないと感じるものへもチャレンジする勇気』
『自分の頑張りが仲間の為になること』
『人と協力して成し遂げること』など、
登り終えたからこそ実感できる何かを得てもらい、これをきっかけに様々なことにチャレンジしていってもらえたら…という、少々暑苦しい思いを込めています。

ガリバーカンドゥープロジェクトリーダー
木岡竜一





  • カンドゥー営業時間/アクセス
  • カンドゥー公式ページヘ
  • 店舗ブログ公開中!
  • 店舗検索
ガリバー公式SNSはこちらから
Facebook
Twitter
Youtube
Google+
Pinterest

このエントリーをはてなブックマークに追加