「パブリシティ」の記事

消費者庁からの措置命令に関するお詫びとご報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

当社は、平成23年3月28日に消費者庁よリ(当社に対し、景品表示法第4条第1項第2号に規定する不当な表示について)「不当景品類及び不当表示防止法第6条に基づく措置命令」を受けました。

関係者の皆様に、ご迷惑をおかけすることになリましたことをお詫び申し上げます。

本件は、以下のサービスに関する表示について措置命令を受けたものです。

(1)楽のリプラン(中古自動車の買い取り保証付き残価設定ローン)を利用した支払い条件について
2009年9月頃から12月頃までの間、テレビコマーシャル等で、「月々1,900円からクルマが買える」等と、当社が販売する全ての中古自動車について、楽のりプランを利用すれば、月々1,900円の支払いのみで購入できるかのような表示をしていましたが、実際には、月々1,900円の支払額の他、別途頭金及び年2回のボーナス時に月々の支払額が加算される内容であり、また、当社が販売する全ての中古自動車について、楽のりプランを利用できるものではありませんでした。

(2)スペシャルプラン(「楽のりプラン」利用時の買い取り保証額増額及びローン金利の引き下げ)について
2009年9月4日頃から10月25日頃までの間、当社ウェブサイトにおいて、「買取保証額大幅UP! 約38%→約45%」等と、当社が販売する全ての中古自動車に適用されるかのような表示をしていましたが、実際には、買い取り保証額が増額となるのは、当社が指定する20車種のみであって、当社が販売する全ての車両に適用されるものではありませんでした。

(3)あんしん10年保証(中古自動車の車両保証役務)について
2009年7月頃から12月頃までの間、テレビコマーシャル等で、「あんしん10年保証」等と、当社が販売する全ての中古自動車にあんしん10年保証が適用されるかのような表示をしていましたが、実際には、当社の設定した基準を満たす中古自動車にのみ10年の車両保証期間が適用されるものでした。

これら(1)~(3)の表示は、当社が供給する中古自動車の取引条件について、実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であり、景品表示法に違反するものでありました。

当社は、今回の措置命令を真摯に受け止め、今後このようなことのないよう、
全社を挙げて再発防止策に努めて参ります。
この度は、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

株式会社ガリバーインターナショナル
代表取締役会長 羽鳥兼市

このエントリーをはてなブックマークに追加