「コーポレートブログ」の記事

クルマでしか行けないVOL.2 新日本3大夜景のひとつ、甲府盆地の夜景が一望できる温泉とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほったらかし温泉から見える夜景 中央自動車道 勝沼ICを降りて北上すること25分。

笛吹川フルーツ公園の看板

この看板が見えたら「ほったらかし温泉」はすぐそこです。



フルーツ公園を走り抜け、急勾配を登り切ると見えてくるのが
「ほったらかし温泉」の看板です。
ほったらかし温泉看板 露天に穴風呂、河原の湯に蒸し風呂と、全国には様々な温泉があります。
が、「ほったらかし」と名の付く温泉はここだけ。
何故、ほったらかしかと言いますと、それは開業した経緯にあります。
実はこの場所、もともとは温泉を開業するためでなく老人ホームを建設するために掘られた温泉だったそうです。

あっちの湯入口

「あっちの湯」入口。この階段を下りると脱衣所へ。



昼間のあっちの湯からの眺め

「あっちの湯」からの眺め。この景色を求めて全国から多くの観光客が訪れます。



しかし、老人ホーム建設の話が暗礁に乗り上げてしまうと、
掘った温泉はしばらくの間、そのまま放置されていたそうです。
その後、そのままにしていた温泉と山の上から見える景色を有効活用しようということに。
そこで、少しでもお客様のご要望に自分たちの手で応えたいという思いから
手作りで外壁と湯船作りを始めたそうです。そして、11年7月に開業。

とは言えここにはスーパー銭湯のような心地よい休憩所はもちろん、
自動販売機すらなく、あるのは広大な景色が眺められる湯船だけ。
「雄大な景色を眺めながら温泉に入った後は、美味しい料理を」といった
過度な期待を持ってお越し頂いたお客様をガッカリさせないよう
「何もありませんよ」「サービスはないですよ」「勝手に楽しんでください」という意味を込めて
『ほったらかし温泉』と名が付いたそうです。

こっちの湯

こちらは「こっちの湯」



あっちの湯

平成11年7月にオープンした「ほったらかし温泉」。オープン当初は「こっちの湯」のみで営業



― 平成11年7月にオープンした「ほったらかし温泉」。オープン当初は「こっちの湯」のみで営業

『ほったらかし温泉』がオープンした頃のお客様は1日に3人程度。
しかし徐々に口コミがひろがると、3人だったお客様は20人、100人と順調に増えていったそうです。
噂を聞きつけたテレビ局が取材に訪れテレビで「ほったらかし温泉」が紹介されると
1日のお客様が700人と一気に増えたのでした。

そこで大勢のお客様にもっと喜んでいただきたいと思った現場責任者の田口さんは
温泉からあがったあとに景色を楽しむことのできる休憩所や売店などの設備を
少しずつ整えていきます。もちろん、手作りで。

売店

売店は『ほったらかし温泉』の営業が終わる22時まで営業しています。



あげたま

ほったらかし温泉名物の「温玉あげ」。割った瞬間に黄身がとろ~り。



ほったらかし温泉 田口さん

「ほったらかし温泉のウリは景色です。それしかありません」と語る田口さん



ほったらかし温泉休憩所 ほったらかし温泉休憩所 ほったらかし温泉休憩所
ほったらかし温泉休憩所

休憩所から売店まで、これは全てスタッフ皆で作ったもの



ほったらかし温泉からみえる景色

休憩所から見る富士山。



連日、大勢のお客様が訪れるようになると、「こっちの湯」だけではお客様が入りきれなくなり、
平成15年2月には「こっちの湯」よりさらにおおきな温泉、「あっちの湯」がオープンしました。
あっちの湯からの夜景
あっちの湯からの夜景

甲府盆地の夜景を一望できるロケーションの「あっちの湯」。晴れた日には富士山をみることもできます。



ほったらかし温泉天然プラネタリウム

夜空には星が輝き、月明かりが湯船を照らします。



未だにお客様は増え続けており、
毎年元旦には温泉に浸かりながら初日の出を見ようというお客様で
900枚の整理券はあっという間に完売するそうです。

「ここには50万坪ほどの土地があるので、それを上手に活かして、お客さんに喜んでもらえる場所
にしたいですね」と語る田口さんは、現在「こっちの湯」「あっちの湯」に続く第3の湯の建設に
毎日汗を流しています。
手作りなのでオープンはいつになるか分からないとのこと…。

月と建設中の第3の湯

昇る月と建設中の第3の湯



第3の湯の完成は、みなさんの目で確かめてみてはいかがでしょうか。

■ほったらかし温泉
住所:山梨県山梨市矢坪1669?18
TEL:0553-23-1526
営業時間:日の出1時間前から22時まで(受付終了21時30分)

■温泉泉質
アルカリ性単純温泉(pH10.1)
硫黄泉に比べて刺激が少なく柔かい手触りでお肌がすべすべに。
湯冷めしにくいという特徴もあるので肌の弱い方だけでなく
高齢者やお子様にも向いています。

■効能.
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ
慢性消化器病・痔疾・冷え症

■アクセス
中央自動車道 勝沼ICから勝沼バイパスを走り、一宮浅間神社入り口を右折(右手に大きい鳥居
あり)→つきあたり浅間神社の前を右折してすぐ左折→そのまましばらく直進、山梨市駅の前を通
り、フルーツ公園入口信号を左折→笛吹川フルーツ公園第一駐車場を通り抜け、道なりで到着。

ほったらかし温泉へ行くまでに・・・
■さくらんぼ農園
取材にお伺いした12月は収穫シーズンを過ぎており、
つぼみには、今年の収穫に向けて傘がかけられていました。
袋がかけられたさくらんぼ 袋がかけられたさくらんぼ
■笛吹川フルーツ公園
ほったらか温泉のすぐ手前に広がる農園地帯。ここを抜けないと
ほったらかし温泉へは到着できませんのでお気をつけて。

ブドウ園(シーズン前)

山の中腹から見下ろす景色にはブドウ園が広がる。7月~11月に訪れるとブドウや桃を堪能することができるそうです。



トロピカル温室
くだもの工房

夜になるとフルール公園内にある「トロピカル温室」と「くだもの工房」が光のオブジェに変身



このフルーツ公園からの夜景もとても綺麗で有名です。
是非セットで訪れてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加