Home  >  IR情報・会社情報  >  経営方針  >  成長戦略

成長戦略

大型店舗・整備工場

  • 成長戦略は、「資本効率を重視した大型店の出店」と「整備事業への参入」の2点

大型店

  • ・転換期にしっかりと実績を積み重ねた大型店の出店により、着実に小売台数を増加、シェアの拡大を図る
  • ・店舗数ありきではなく、実績として資本効率を見極めながら、段階的に出店を加速していく

整備工場

  • (1)日本における自動車整備の市場規模は、中古車の市場規模と並び大きな規模である点
  • (2)中古車小売ビジネスの取引をサイクルとして繋げられる点
  • (3)外注している整備作業を内製化することによる大きなコスト効率化
  • (4)最新の法制度に基づき、最新の設備を投資できる点
以上4点の理由により参入を決定

重視する経営指標

  1. 1.営業利益の拡大
  2. 着実に増益すること
  3. 2.中長期的なフリーキャッシュフローの拡大
  4. 投資フェーズと回収フェーズをしっかり認識しつつ、中長期的に拡大させること
  5. 3.ROICの最大化
  6. 資本コストを意識しつつ、最大化を図っていくこと

株主還元

配当による株主還元を重視
業績連動型配当を実施

前期の親会社株主に帰属する当期純利益 × 30%

ビジネスとITの融合

当社の成長戦略の柱である「大型店・整備工場の展開」において、大型店来店者のSNSによる受付システムや、整備工場の整備システムに加え、ネットとリアル店舗のシームレスな融合などの集客改善、価格システムを用いて在庫管理を行う在庫戦略などをDXを活用して推進してまいります。

上記成長戦略を推進するための体制やITシステム技術活用環境の整備については、
以下ページの「IT体制と人材」、「最新情報処理技術の環境整備」項目において説明しております。
https://221616.com/idom/investor/leaning/it_strategy/