車種・車のジャンルも色々 貴方に合った車種は?

車種・車のジャンル 中古車購入ガイド クルマの形もいろいろ

クルマには様々なタイプがあります。ミニバンやワゴン、セダンなどの言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。それがタイプです。
それぞれのタイプはクルマを使う目的などにあわせてつくられています。例えば、ミニバンは大勢の人を乗せるため、ワゴンはたくさんの荷物を積むためなど、使い勝手の良さや走りなどに特長があります。
タイプごとにどんな違いがあるのか、それぞれの特長を詳しく見てみましょう。

クルマ選びのポイント一覧

クルマの車種(ジャンル)を知ろう!

ミニバン/ワゴン/1BOX(ワンボックス)

ミニバン

  • トヨタ アルファード
    トヨタ アルファード
  • ホンダ オデッセイ
    ホンダ オデッセイ
  • 日産 セレナ
    日産 セレナ

ミニバンは、3列のシートを備え、たくさんの人を乗せられるのが最大の特長です。限られたボディサイズの中で最大限の室内空間を実現するため、各メーカーが工夫を凝らしています。また2列目と3列目のシートは収納が可能で、大きな荷物を運ぶことができるのも見逃せないポイントです。
ただし欠点もあり、車重が重く燃費が悪いことや、重心の高さからくるふらつきなどが代表的なものとして挙げられます。しかし、最近ではエンジンの効率アップや、室内空間を犠牲にせずに重心を下げる技術の発達により、それらの欠点は気にならないレベルにまで解消されてきています。

ワゴン

  • トヨタ カローラフィールダー
    トヨタ カローラフィールダー
  • ホンダ ストリーム
    ホンダ ストリーム
  • マツダ アテンザワゴン
    マツダ アテンザワゴン

ワゴンとは、セダンに大きなラゲッジをプラスしたクルマのことで、スバル レガシィをはじめ、セダンとワゴンの両方をラインアップしているものがほとんど。しかし、日産ステージアなどのように、よりワゴンとしての使い勝手を追求したワゴン専用モデルもリリースされています。
走りや快適性と多くの荷物を積めることを両立させたジャンル(車種)ということで、いまだに根強い人気を誇っています。セダンに近い走行性能が欲しいけれど、大きな荷物を積む機会が多いという人にオススメです。

軽自動車

  • ダイハツ タント
    ダイハツ タント
  • スズキ ワゴンR
    スズキ ワゴンR
  • ホンダ N-BOX
    ホンダ N-BOX

軽自動車の最大の魅力は、ランニングコスト(維持費)の安さ。他のジャンル(車種)では、自動車税として最低でも年間29,500円かかりますが、軽自動車は10,800円で済みます。そのほかにも、任意保険料や高速道路の通行料金なども低く設定されています。以前は安かろう悪かろうというイメージもありましたが、最近のモデルはコンパクトカー顔負けの質感や室内空間の広さをウリにしているものも多く登場しています。
また、エンジンの排気量が小さいこともあり、低燃費でガソリン代があまりかからないことも見逃せないポイントです。さらに、販売台数がもっとも多いジャンル(車種)ですので、中古車の流通量(タマ数)も豊富です。

セダン

  • トヨタ マークX
    トヨタ マークX
  • 日産 シルフィ
    日産 シルフィ
  • BMW 3シリーズ
    BMW 3シリーズ

今でこそミニバンやコンパクトカーが主流となっていますが、以前は乗用車といえばセダンを指すほどの定番車種でした。走りの良さや快適性など、クルマとしてのバランスが取れているのが魅力です。

コンパクトカーのように価格が手ごろなものから、高級感をウリにしたもの、スポーツタイプなど、細かいバリエーションも豊富に用意されています。それぞれに特長があり、ある意味選択肢が多いジャンル(車種)といえるでしょう。

SUV/クロカン

  • トヨタ ハリアー
    トヨタ ハリアー
  • 日産 エクストレイル
    日産 エクストレイル
  • トヨタ ランドクルーザープラド
    トヨタ ランドクルーザープラド

SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークルの頭文字を取ったもの。街中や高速道路などの舗装路(オンロード)だけでなく、悪路(オフロード)や雪道での走行性能を重視しているため、駆動方式は4WDが主流となっています。以前はオフロード性能を重視するあまり、オンロードでの快適性が犠牲になっているケースも見受けられました。
ですが、最近では各メーカーの努力によってオンロードの乗り心地も良くなり、かなり乗用車的な乗り味のモデルも増えてきています。また、トヨタ ランドクルーザー200のように高級セダン顔負けの豪華装備を誇るモデルも用意されています。

ステーションワゴン

  • スバル レヴォーグ
    スバル レヴォーグ
  • フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント
    フォルクスワーゲン
    ゴルフヴァリアント
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
    メルセデスベンツ
    Cクラスステーションワゴン

ステーションワゴンとは、2ボックスの形状で前にエンジンフード、後部に乗車スペースと乗車スペースと、ひとつづきになっている荷室を備えたクルマのこと。
車高や全長はセダンと同程度ですが、後部座席をたたむと大きな荷物を載せることができます。
走行性能や積載能力、運転のしやすさ、燃費などでバランスがよく、実用性も高い車種です。

クーペ/オープン

  • 日産 GT−R
    日産 GT−R
  • スバル BRZ
    スバル BRZ
  • アウディ TTロードスター
    アウディ TTロードスター

クーペとは、いわゆる2ドアのスポーツカーのこと。オープンカーは、その名の通り屋根が開閉できるクルマで、まるでバイクのような開放感が味わえます。他のジャンル(車種)とは異なり、実用性というよりは走る楽しさや所有する喜びを目的としているのが特長で、クルマ好きなら一度は憧れるクルマでしょう。
以前は走り好きの若いユーザー向けのものがほとんどでしたが、最近では子供が独立した夫婦などをターゲットにした高級タイプも増えています。また、燃費が悪いというイメージがありましたが、排気量の小さなライトウエイトスポーツは車重も軽く、燃費も良くなってきています。

コンパクト/ハッチバック

  • トヨタ ヴィッツ
    トヨタ ヴィッツ
  • ホンダ フィット
    ホンダ フィット
  • BMW MINI
    BMW MINI

コンパクトカーは、その名の通りコンパクトなボディサイズが特長です。それだけに狭い道での運転のしやすさや燃費の良い走りなどで、もっとも人気のあるジャンル(車種)のひとつといえます。
また、最近では高級感をプラスしたものや、走りの良さを追求したもの、広い室内空間を持つものなど、個性的なモデルも増えてきています。比較的手頃な価格に加えて、これといった欠点がないのも魅力で、人気が高く、販売台数も多い車種です。それだけに中古車としての流通量(タマ数)も多く、好みのクルマを探しやすいジャンル(車種)でもあります。

バン/トラック/その他

  • スズキ エブリイ
    スズキ エブリイ
  • 日産 クリッパー
    日産 クリッパー
  • トヨタ ハイエースバン
    トヨタ ハイエースバン

主に荷物を運ぶ手段として広く活用されていて、大型貨物車の箱型荷台はパネルバン、軽積載のものをライトバンと呼び、荷台を備えた貨物の運送に用いられるものをトラックと呼びます。

ハイブリッド

  • トヨタ プリウス
    トヨタ プリウス
  • ホンダ フィットハイブリッド
    ホンダ フィットハイブリッド
  • レクサス IS
    レクサス IS

ハイブリッドカーとは、電気とガソリンなど2つ以上の動力源を持ち、走行状況に応じて動力源を変えるなどして走行する自動車のこと。
ハイブリッドカーはエネルギー効率が良く、環境負荷の低い実用車として注目されています。

電気自動車

  • 日産 リーフ
    日産 リーフ
  • 三菱 アイミーヴ
    三菱 アイミーヴ
  • BMW i3
    BMW i3

電気自動車とは、動力に電動機(モーター)を使用し、走るクルマのことです。
三菱や日産、トヨタなどが一般家庭向けの電気自動車の販売を検討しています。

長所としては、騒音が極めて少なく、電気走行での燃料代がガソリン車に比べて安いこと。
ただし、電池の寿命や充電スタンドのインフラの整備が必要とされています。

自分のライフスタイルにあった車選び

クルマには様々なジャンル(車種)があることは、前のページで紹介した通りです。自動車メーカーのホームページや中古車情報サイトなどを見ていると、いろいろな車種があり、どれを買ったらいいか迷ってしまうほど。それでも、ミニバンならこれがよさそう、コンパクトカーならこのクルマで決まり、といった感じで、何台かのクルマに興味がわいてくることでしょう。ただ、気に入ったという理由だけで購入してしまうと、後々大変な目に遭うことも。中古車といえども高い買い物だけに、自分の予算やクルマの使用目的にあわせた車種選びが、失敗を避けるポイントです。
では、ケース別のクルマ選びの例をご紹介しましょう。

ケース1 買い物など日常生活でよく使う方には・・・

  • コンパクトカー
    コンパクトカー
  • 軽自動車
    軽自動車

クルマには様々なジャンル(車種)があることは、前のページで紹介した通りです。自動車メーカーのホームページや中古車情報サイトなどを見ていると、いろいろな車種があり、どれを買ったらいいか迷ってしまうほど。それでも、ミニバンならこれがよさそう、コンパクトカーならこのクルマで決まり、といった感じで、何台かのクルマに興味がわいてくることでしょう。ただ、気に入ったという理由だけで購入してしまうと、後々大変な目に遭うことも。中古車といえども高い買い物だけに、自分の予算やクルマの使用目的にあわせた車種選びが、失敗を避けるポイントです。
では、ケース別のクルマ選びの例をご紹介しましょう。

ケース2 週末など休日のドライブがメインの方には・・・

  • クーペ&オープン
    クーペ&オープン 独身者や子供が独立した夫婦の方に
    オススメ。
  • ミニバン&ワゴン
    ミニバン&ワゴン 独身者や子供が独立した夫婦の方に
    オススメ。
  • SUV
    SUV このクルマならアウトドア派の方も
    大満足!

このケースでは、完全に自分の趣味で選んでしまっても大きな問題はないでしょう。普段の移動は電車やバスなどの公共の交通機関を利用し、クルマに乗るのは週末のドライブだけというなら、あまりガソリン代も気にしなくて済みます。

家族構成にもよりますが、独身者や子供が独立した夫婦なら、クーペ&オープンなどもいいかもしれません。また、予算に余裕があるなら高級セダンで快適なドライブを楽しむというのも良いでしょう。

30代~40代のファミリーなら、大勢乗れて荷物も載せられるミニバンやワゴンがオススメ。アウトドア派ならSUVも魅力のある選択肢となります。

ケース3 買い物はもちろん、ドライブも楽しみたい方には・・・

  • スポーツセダン
    スポーツセダン
  • コンパクトカー
    コンパクトカー
  • SUV
    SUV

買い物などでの実用性の高さだけでなく、運転する楽しさも重視したいところ。やはりスポーツタイプのセダンや、高級感やスポーティな雰囲気をプラスしたコンパクトカーなど、ある程度の趣味性を持ったクルマ選びをすることが大切です。

釣りやキャンプなどのアウトドア指向ならば、実用性と走る楽しさ、そして悪路での走破性を兼ね備えたSUVの選択もできます。排気量が小さめのコンパクトなクラスを選べば、運転もしやすく燃費も良いので、ランニングコストも比較的低く抑えることが可能です。

関連情報

ご希望のクルマは見つかりましたか?

ガリバーの中古車ご提案サービスではお客様がご希望のクルマを
スマートカーライフプランナーが日本全国からお探しいたします。

目的のクルマが決まっていないお客様もお気軽にご相談ください。

  • 近くのガリバーのお店を探す

    全国約550店舗、相談できる身近なお店。
    お気軽にお立ち寄りください。

  • お電話でのご依頼・ご相談

    通話無料。携帯からのお問い合わせも可能で24時間以内に回答いたします。

    0120-22-1616