スマートフォン専用サイトはこちら

車検とは?

車検とは はじめての中古車購入ガイド 車検ってなんなの?

車検とは、「自動車検査登録制度」を略したもので、検査によって安全に使用できるクルマであることを確認すると同時に、そのクルマの所有権を公証(法律的に認めてもらうこと)する制度のことです。

登録は一定期間ごとの更新が必要で、自家用自動車(3、5、7ナンバー)と自家用軽自動車(50ナンバー)の場合は初回が3年、2回目以降は2年ごと。つまり、新車から3年目、5年目、7年目、9年目・・・となります。車検の有効期間は車検証に記載されています。

車検が切れたクルマでも、車検を受ければ公道を走れるようになります。しかし、車検が切れた状態で公道を走行することは道路運送車両違反です。

もし車検が切れてしまったら、運行経路に含まれる市区町村の役所で臨時運行許可証(仮ナンバー)を取得するか、もしくはクルマを積載できるキャリアカーで車検場に運搬するなどの対応が必要になります。

車検にはいくらかかる?

  • 車検は、新車を購入する際にも受け、維持するためにも2年ごとに受けなければなりませんが、実際にどれくらいの費用がかかるかをご紹介します。
    クルマを維持していくためにも必要なことなので、クルマの購入前に車検費用を把握し、すてきなカーライフを送れるよう準備しましょう。

  • 法定費用

    車検では、検査費用に加えて自賠責保険料や自動車重量税などを支払う必要があります。これはいわゆる法定費用といわれるもので、軽自動車で35,080円、普通車では排気量によって異なりますが、最低でも57,280円がかかります。

  • 検査&整備費用

    車検を受けるだけなら法定費用を払うだけで済みます。もちろん、特に問題がなければそれで車検に合格することもあります。ただ、車検というのはあくまでも検査を受けた時点で保安基準に適合していることを確認するだけのものです。その後の2年間をトラブルなく乗り続けられることを保証するものではないので、きちんと整備をしておく必要があります。
    最近はディーラーや中古車販売店だけでなく、ガソリンスタンドでも車検を受け付けているところもあります。どこに依頼するか、またクルマの種類や整備が必要な箇所によっても金額は変わってきます。普通車であれば、10~15万円程度は車検費用として考えておくとよいでしょう。
    車検にかかる期間は、1日で終わるところもあれば数日かかる場合もあります。無料で代車を貸してくれるショップも多いので、車検を受けるところに相談をしてみるとよいでしょう。

最適な自動車保険の選び方

ひと言で車検といっても、車検にもいくつかのタイプがあり、整備などをしっかりするタイプや車検のみを通す(チェックだけをする)タイプがあります。
クルマを保持する上では、誰もが維持費を少しでも抑えたいと思うものです。
クルマのタイプや自分のクルマの状態を把握し、最適な車検の方法を選びましょう。

  • 比べてみよう!車検の種類

    車検には、クルマの状態やドライバーのクルマの知識などによって、いくつもの選択肢があります。それぞれを比較して自分にあった車検を選びましょう。

  • 安い車検で得するテクニック

    少しでも安く、少しでも得したい車検。誰も教えてくれなかった、究極のコツを大公開!

関連情報

ご希望のクルマは見つかりましたか?

ガリバーの中古車ご提案サービスではお客様がご希望のクルマを
スマートカーライフプランナーが日本全国からお探しいたします。

目的のクルマが決まっていないお客様もお気軽にご相談ください。

  • 近くのガリバーのお店を探す

    全国約520店舗、相談できる身近なお店。
    お気軽にお立ち寄りください。

  • お電話でのご依頼・ご相談

    通話無料で24時間受付。携帯からのお問い合わせも可能で24時間以内に回答いたします。

    0120-22-1616