この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
人気メーカーのコンパクトSUV、その実力は?
低重心化もあって広さはX1が勝利
レギュラーか、ハイオクか、ディーゼルか
安全装備は圧倒的にX1の勝利
新しい車種だからこそ、中古でも検討を

人気メーカーのコンパクトSUV、その実力は?

BMWの3シリーズやアウディのA4は日本でもすっかりお馴染みとなり、今や高級車のエントリーモデルとしても定番になってきている。SUV人気でX1やQ3の姿も見られるようになったが、果たして両者の実力はどうなのか。買うとすれば、どちらの方がお得なのか。

今回はX1とQ3を比較しながら、その実力をみていきたい。

コンパクトSUVの中では随一の活発ぶりを見せるX1

X1はBMWのSAV(=BMWは他社のSUVと差別化して自社のSUVをこう呼んでいる)ラインナップの中でも最も小型のモデルである。2009年に初代が登場したが、2015年にフルモデルチェンジを経て現在は2代目にあたる。

SUVのエントリーモデルとしても乗りやすく、かつ、数あるコンパクトSUVの中では随一のSUVらしさがあるクルマだろう。見た目からも走りからも活発さが感じられる。

●サイズ:全長4,455mm×全幅1,820mm全高1,610mm
●燃費:15.6km/L(ベースモデルX1 sDrive18iの場合)
●新車価格:417万円~

洗練された見た目と落ち着きのある走りが自慢のQ3

Q3はSUVの中でも比較的新しいモデルで、2012年にデビューした。最近まではアウディのSUVラインナップの中で最も小型のモデルであったが、Q2の発売によって現在は2番目に小さいモデルとなった。近々フルモデルチェンジを経て大型化されるともいわれている。

Q3はお洒落な見た目、高級感のあるインテリア、落ち着きのある走りと、高級感を重視した仕上がりになっているが、実は新車でも300万円台と比較的低価格で販売されている。

●サイズ:全長4,400mm×全幅1,830mm×全高1,595mm
●燃費:17.4km/L(ベースモデルQ31.4TFSIの場合、無鉛プレミアムガソリン)
●新車価格:369万円~

低重心化もあって広さはX1が勝利

データでの数値を見る限り、X1とQ3のボディサイズに大きな差はない。しかし、広さは圧倒的にX1の方が広く感じる。高さもあり、足元のゆとりもある。たった55mmの差でも全長が短いせいか、Q3はリアシートの足元が狭く感じられる。

X1の広さの秘密として一つ挙げられるのは、低重心化だろう。X1は車体を低重心にすることによって走りやすさを増させただけでなく、高さによりゆとりを持たせることもできている。

結果として、X1はコンパクトSUVの中でかなり車内空間が広いクルマに仕上がっている。

アウトドア向きのX1と都会生活向きのQ3

BMWならではのフロントフェイスのおかげもあるだろうが、X1は高さもあり、小型ながらもかなりSUVらしい見た目をしている。ラゲッジスペースの容量も505Lと広く、インテリアも無駄がない造りをしているのでアウトドア向きの一台となっている。

一方、Q3はリアシートにあまり広さがなく、ラゲッジスペースの容量も特別大きくはない。しかし、洗練されたエクステリアは都会的で乗りやすさを感じる。独身者や夫婦のみの家庭で時々ドライブを楽しむという程度であれば、Q3は良いパートナーとなるだろう。

レギュラーか、ハイオクか、ディーゼルか

Q3は無鉛プレミアムガソリン、つまりハイオクを使用して走行する。そのため、燃費が良いと言っても家計に優しい訳ではない。しかし、環境に優しい点ではQ3を選択するのも一手だろう。

一方、X1のパワーユニットはガソリンエンジン2種とディーゼルエンジン1種から成る。ガソリンエンジンはどちらもレギュラーガソリンである。環境に優しいものを選ぶか、給油の際の積み重ねを考えてより財布に優しいものを選ぶのかは迷いどころである。

走る楽しさを求めるならX1がおすすめ

ベースモデルで搭載エンジンを比較すると、X1は直列3気筒エンジン、Q3は直列4気筒ターボチャージャー付エンジンであり、Q3の方が生み出されるパワーも大きい。しかし、ハイパワーであっても走りは落ち着いており、悪く言えばもったいない印象もある。

X1は2015年のフルモデルチェンジで後輪駆動方式から前輪駆動方式に変更をし、走りの印象は多少穏やかになった。しかし、この変更によって直進安定性を増し、さらにX1は低重心化をはかることでロールを小さく、より俊敏に動けるように改良され、操舵性も保てるようにした。

本格的なオフロードまでは難しいが、X1であれば軽めのオフロードに対応することができるので、アウトドアも楽しめそうだ。

安全装備は圧倒的にX1の勝利

安全装備については販売価格の差やモデルチェンジの時期による差が出てしまったのか、X1とQ3でかなりの違いが見られる。Q3は駐車対応のリヤビューカメラこそ装備されているが、走行時の事故予防機能などはほとんどついていない。

X1については様々な自動制御機能や警告機能が装備されている。また、オプションにはなるが、自動走行機能も装備することが可能である。また、いざ事故が起こってしまった場合に自動でSOSを発信できるシステム「SOSコール」など、特徴的な装備も魅力的だ。

少人数で快適なドライブを楽しむならQ3も捨てがたい

リアシートに狭さがある点や安全性能を考えるとファミリー層にはあまり向かないQ3だが、フロントシートにヒーターが入る点やオーディオ機器が充実している点など、インテリアに関してはQ3もかなり充実している。ちょっとした高級感が良い気持ちにもさせてくれる。

走りもアグレッシブでない分だけ穏やかな気持ちで走れるので、少人数で快適な、どちらかといえばお洒落にドライブを楽しみたいという人にはX1よりもQ3の方が向いているだろう。

新しい車種だからこそ、中古でも検討を

X1とQ3を比べると、総合評価としてはX1の方が高いように思う。しかし、同じSUVといっても傾向がはっきりと分かれるので、よりアクティブな一台を求めるならX1、よりお洒落な一台を求めるならQ3を選ぶと良いだろう。

どちらもフルモデルチェンジやデビューからそう長く経っていないモデルだが、比較的新しいモデルだからこそ新車価格はまだ高く、中古でもかなり新しいものが手に入りやすい。また、Q3に関してはモデルチェンジの予定もあり、モデルチェンジをすれば中古価格が下がる。

これを機に、どちらも中古での見積もりをとってみてもらいたい。