マツダCX-8「3列シートSUVで、ミニバンユーザーが取れるのか?」ガリバーの2017年新車購入ガイド

「CX-8,SUV,クルマ購入術,マツダ,新車情報,新車購入ガイド」に関する記事

「3列シートSUVでミニバンユーザーを取り込めるか?」マツダCX-8購入ガイド

CX-5よりサイズアップしたボディのCX-8、デザイン一部公開!


マツダは、2017年中に発表予定の新型SUVである「CX-8」のエクステリアデザインを一部公開した。

CX-8のボディサイズは、全長4,900x全幅1,840x全高1,730mmで、ホイールベースは2,930mmとなる。全長4,900㎜というサイズは、国内のSUVとしてはやや大柄なボディサイズだ。CX-5に対しては、なんと全長で+355㎜も大きくなった。全幅はCX-5と同じなので、日本でもなんとかギリギリ使えるサイズ感といったところだろう。

<関連記事>
「早くもモデルチェンジ!2017年2月に発売予定」マツダCX-5購入ガイド

そして、ホイールベースはCX-5比で+230㎜となった。ロングホイールベース化により、CX-8は6人、もしくは7人乗りの3列シートSUVになった。3列シートのモデルは、国内には日産エクストレイル、三菱アウトランダーがあり、比率は高くないものの、一定のニーズがある。

<関連記事>
「よりEVらしさを追求した大幅改良!」三菱アウトランダーPHEV購入ガイド

3列シート投入の狙いとは?


CX-8は、ボディサイズ的に日本マーケット向きとはいえない仕様だ。それでも日本に導入するには、それなりの訳がある。マツダは、すでに国内のミニバンマーケットから撤退を表明している。これは、ビアンテやプレマシーが売れなかったことが原因だ。ミニバンは、どのメーカーもほぼ国内専用車として開発される。他のモデルは、日本で売れなくても北米や欧州で売れれば元が取れたりするが、日本専用車が日本で敗北すると開発費を回収できないというリスクがあまりに大きくなるからだ。

理屈はともかく、国内専用車を開発し販売し続けるトヨタとホンダ、日産に対して白旗を上げ敗北宣言をした状態になっている。

こうした状況は、すでにいる多くのマツダのミニバンユーザーを裏切る選択となる。現在、マツダのミニバンに乗る顧客は、次に乗り換えるモデルがなくなるのだ。マツダのミニバンファンにとって悲しい出来事になった。こうした顧客は、いずれ他ブランドに流出する。顧客が減ることは、営業面ではマイナスだ。

世界的にSUVが流行っているため、儲からない国内のミニバンはやらないという考え方は、経営として正しいのだろう。しかし、日本メーカーが日本の顧客をしっかりと守っていくことは重要だ。

こうしたこともあり、CX-8の役割の一つとして、ミニバンユーザーが乗り換え時に受け皿となるように投入されたともみえる。CX-8はグローバルな3列シートのSUVなので、ある意味、「日本でも売れるよね」的な状況と予想できる。

<関連記事>
プロがおすすめする7人乗り・8人乗りSUV

2.2Lクリーンディーゼルを搭載


CX-8には、2.2Lのクリーンディーゼルエンジンが搭載される。ボディサイズから予想すると、車重は1,800~2,000㎏くらいになる。こうなると、CX-5の2.5Lガソリンエンジンでは、動力性能的に厳しいのだろう。
ミッションは6速ATが組み合わされる。最近では10速ATなどが登場していることもあり、6速ATだとやや古さを感じる部分。多段化されたATがほしいところだ。

CX-8の販売予想価格は400万弱から!


そして、気になる価格について。CX-8の価格は390万円台からということになるのではないだろうか。最上級モデルは500万円弱程度と予想。

CX-5の最上級グレードが約350万円程度となっているので、少なくとも50万円程度は価格を上げたいはず。ただ、フラッグシップモデルとなるとはいえ国産SUVのエントリーグレードが400万円超というのは高価なイメージが先行しすぎる。営業のしやすさを考慮し、400万円を切ってくるのではないだろうか。

CX-8の登場で話題喚起できるか?!


さて、マツダの国内販売は不調が続いている。2016年度の新車販売台数ランキング30以内に入ったのは、CX-5とデミオだけ。フルモデルチェンジ直後のCX-5も、30位とギリギリのランクインだ。対して日産エクストレイルは、CX-5の倍の台数を売り16位。そんな国内販売の不調が続くマツダにとって、CX-8は販売台数が期待できるモデルではないとはいえ、マツダへの話題喚起ができるのかを含め注目したい1台だ。

<関連記事>
新車中古車販売台数ランキング 2016年、日本で年間もっとも売れた新車・中古車は?

CX-8のスペック情報


ボディサイズ(全長 x 全幅 x 全高): 4,900mm x 1,840mm x 1,730mm
ホイールベース :2,930mm
エンジン :SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
トランスミッション :SKYACTIV-DRIVE(6速AT)
乗車定員 :6名/7名

CX-8に乗り換える前に今の愛車の買取相場を調べる


執筆者プロフィール
クルマ評論家 CORISM代表
大岡 智彦 氏

CORISM(http://www.corism.com/)編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員。


こちらの記事もよく読まれています

  • 今のクルマ、査定はお済みですか?ガリバーは、買取実績12年連続No.1 高価買取で、お乗り換えをサポートします。

記事を探す

SEARCH

キーワードから検索する

  • 検索

例) 新車、スズキ、ハスラー

メーカー・車種から探す

  • 検索

国産車

輸入車

人気のTAGから探す