トヨタ ヴォクシー,ノア,エスクァイア「イケイケ度をさらに強化したマイナーチェンジ」ガリバーの2017年新車購入ガイド

「エスクァイア,クルマ購入術,トヨタ,ノア,ハイブリッド,ミニバン,ヴォクシー,新車情報,新車購入ガイド」に関する記事

「イケイケ度をさらに強化したマイナーチェンジ」トヨタ ヴォクシー,ノア,エスクァイア購入ガイド

トヨタ エスクァイアトヨタは、5ナンバーミニバンであるヴォクシー、ノア、エスクァイアをマイナーチェンジし、発売を開始した。

<関連記事>
「先手必勝!ライバルのセレナが登場する前に需要を刈り取れ!」トヨタ ノア&ヴォクシー購入ガイド

ディーラーの都合で生まれたトヨタの3姉妹ミニバン


ヴォクシーとノアは、2014年1月に登場。現行モデルが3代目。エスクァイアは、2014年10月に登場し現行モデルが初代モデルとなる。この3台は、ほとんど同じクルマ。見た目の部分や装備類が若干異なるくらいだ。3台とも2.0Lガソリン車と1.8Lハイブリッド車を用意している。

ディーラーの都合が顧客にとって選択肢が増える結果に

ややデザインを変更したモデルを3タイプも用意する理由は、主に販売店対策だ。5ナンバーミニバンは人気カテゴリーなので、どこのトヨタディーラーも売りたい車種だ。しかし、トヨタは現在4チャネルもある。併売させると、同じトヨタディーラーでの競合などで、無駄な争いをすることになる。そうしたこともあり、デザインを少々変えてトヨタディーラーに割り振っているのだ。とはいえ、さすがに4チャネル分デザインを変えたモデルを作ることはできず、トヨタ店とトヨペット店はエスクァイア、ネッツ店はヴォクシー、カローラ店はノアを扱う。

ディーラーのために車種を増やしているのだが、結果的に顧客にとって選択肢が増え、自分好みのモデルが選べることになったのは良いことだ。

販売台数では、ヴォクシーが一歩リード!


トヨタ ヴォクシー,ノア,エスクァイア2016年度の5ナンバーミニバン販売台数ランキングは、1位ヴォクシー(92,421台)、2位セレナ(90,369 台)、3位ノア(55,061台)、4位ステップワゴン(48,110台)、5位エスクァイア(44,136台)となった。2位は日産セレナだが、ヴォクシー、ノア、エスクァイア3台をまとめると、ライバルメーカーを圧倒する販売台数となる。 2016年度は、セレナがフルモデルチェンジした直後だった。しかし、トヨタ勢もマイナーチェンジで、さらに人気を高めそうな予感。

<関連記事>
新車中古車販売台数ランキング 2016年、日本で年間もっとも売れた新車・中古車は?

ライバルはハイブリッド搭載のステップワゴン?

また、ステップワゴンは、2017年9月下旬にマイナーチェンジを予定している。どのメーカーもうかうかしていられない状況で、各社ライバルの動向を見ながら特別仕様車などを頻繁に投入している。 とくに、ステップワゴンはマイナーチェンジで、本格的なハイブリッドシステムを搭載する。トヨタの1.8Lハイブリッド対して、ステップワゴンは2.0Lハイブリッドなので、走りの力強さが異なり、ステップワゴンの販売台数増が注目されている。

<関連記事>
「ついにハイブリッド車を投入!」ホンダ ステップワゴン購入ガイド

先進予防安全装備の面では他メーカーに越される

また、一見王者にように見えるヴォクシー、ノア、エスクァイアには、大きな弱点がある。それは、先進予防安全装備。セレナは歩行者検知式自動ブレーキが全車標準装備。ステップワゴンも標準装備化される可能性が高い。

しかし、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの先進予防安全装備であるトヨタセーフティセンスCは、歩行者を検知できない。さらに、先行車に追従するクルーズコントロール機能もない。

セレナとステップワゴンには、渋滞時でも対応するクルーズコントロールなので、ドライバーの疲労軽減という視点では大きな差になる。こうした装備差が、今後の販売台数に大きな影響を与える可能性が高い。

<関連記事>
安全な車ランキング2017 ミニバン編

弱点だった予防安全装備は、改善されないまま


トヨタ ヴォクシー、ノア、エスクァイアこのように、トヨタ ヴォクシー,ノア,エスクァイアは予防安全装備面で、完全に遅れている状態は明確。そのため、今回のマイナーチェンジでは、予防安全装備を進化させ、プリウスなどにも採用されている歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防安全装備「トヨタセーフティプラスP」が装備されるのでは? と、予想していた。

しかし、トヨタの安全装備に対する考え方は、相変わらず腰が引けていて、安全装備面での改善は行われていない。この部分の機能では、完全にセレナやステップワゴンに負けている。

<関連記事>
「ややお買い得な特別仕様車Vセレクション投入の理由とは?」日産セレナ購入ガイド

歩行者検知式自動ブレーキは事故のリスクを軽減

ミニバンは、クルマが大きく重い。こうしたクルマが歩行者と衝突すれば、大きな事故になる可能性が高くなる。歩行者検知式自動ブレーキは、もはや必須ともいえる車種なのだ。また、こうしたミニバンは、平日、ママが運転するケースも多い。運転が苦手な人ほど、こうした安全装備がもしもの事故のリスクを軽減してくれるのだ。

追従機能は渋滞時のドライバーの疲労を軽減

そして、渋滞時の追従機能は、あえて子供たちのために渋滞している道路を走らなければならないパパの疲労軽減にも役立つ。疲れて運転していて、うっかり渋滞時に追突。これでは、せっかくのお出かけが、嫌な思い出になってしまう。渋滞時の追従機能があれば、こうしたリスクも大幅に低減可能。こうした機能が選べないヴォクシー,ノア,エスクァイアは、大きなハンデを背負ったままだ。

売れるデザインを採用し、見た目で勝負!


トヨタ ヴォクシー,ノア,エスクァイア予防安全装備面では、完全にハンデを背負ったヴォクシー、ノア、エスクァイア。しかし、外観デザインは、売れるデザインがさらに進化した。イケイケ度をさらに増し、こうしたデザインを好む層のツボをしっかりと押さえている。

ヴォクシーは安定感のあるフォルムに

まず、 ヴォクシーのフェイスは、1クラス上のヴェルファイアっぽいデザインになった。上下二分割されたヘッドライトと、台形状の大型グリルを採用し、全幅が狭くややアンバランスな5ナンバーミニバンを視覚的にどっしりとした安定感のあるフォルムに見せている。

ノアはイケイケ顔に大変貌

そして、さらに大きな変貌を遂げたのがノアだ。先代モデルまでは、ファミリー感があるデザインがノアの魅力であったが、フルモデルチェンジで、ややイケイケ系にシフト。今回のマイナーチェンジでは、もはや先代モデルから築いた来たファミリー感あるデザインがまったく無くなってしまった。睨みの聞いた薄型ヘッドライトに、太めの大型ビレッドグリル風デザインを採用している。

エスクァイアは睨みの効いたフェイスデザインに

高級ミニバン的な位置付けにあるエスクァイアは、アルファードのように大型グリルを主張するデザインがより強調された。このモデルもヘッドライトも薄型化され、睨みの効いた顔へ変更。バックミラーで見える姿は、まるで、グリルが走ってくるような印象になるだろう。

3車種ともBi-Beam LEDヘッドランプを標準装備化し存在感をアピール

さらに、夜での存在感も、イケイケ系では重要な要素。そこで、ヴォクシー、ノア、エスクァイアすべてにBi-Beam LEDヘッドランプが標準装備化された。LEDは、夜間での視認性向上だけでなく、存在感をアピールできるアイテムだ。

トヨタ ヴォクシー、ノア、エスクァイアの選び方


トヨタ ヴォクシー,ノア,エスクァイアトヨタ ヴォクシー、ノア、エスクァイアの選び方は、まずどの顔が好きかということから。

ガソリン車かハイブリッド車か

グレード選びは、まず、ガソリン車かハイブリッド車かの選択となる。ここで悩みどころは、ハイブリッド車の燃費が23.8㎞/Lと、ガソリン車の16.0㎞/Lに対してそれほど大きな差がないことだ。しかし、価格差はグレードによるが、約35~50万円ほどハイブリッド車は高く設定されているので、燃費で元を取るのは厳しい価格差といえる。

また、実際に走行すると、車重が重いためEV走行できる範囲が少ない。そのため、実用燃費も意外と上がってこないのだ。こうなると、単に燃費性能という点だけでは、ハイブリッド車は選びにくい。静粛性が高く、ランニングコストがやや安くなる高級グレードとしての価値で選ぶといいいだろう。また、ハイブリッド車はリセールバリューも高いのも魅力だ。

短期で乗り換えを考えるならハイブリッド車

あまり、大きなメリットがないハイブリッド車だが、それでもハイブリッド車がおすすめだ。今後、より電動化技術がプラスされたクルマが増えてくるので、単なるガソリン車とハイブリッド車では、リセールバリューに大きな差が出ると予想できるからだ。

ガソリン車で乗りつぶすのなら、ガソリン車でも十分だが、途中で売却することを考えているのなら、多少高価でもハイブリッド車を選んでいたほうがよいだろう。

おすすめは専用エアロを装備したモデル

そして、 ヴォクシー、ノア、エスクァイアのグレード選びは、専用エアロを装備したモデルがおすすめ。元々、迫力系デザインがメインのクルマなので、このデザインを生かしているエアロパーツ装着グレードがかっこいい。エアロパーツが装備されたグレードは上級グレードなので、装備も充実していてリセールバリューも高くなる。

<関連記事>
「やっぱり出た! ハイブリッド車のエアロモデルが登場!」トヨタ ノア&ヴォクシー、エスクァイア購入ガイド

また、おすすめオプションは、サイド&カーテンエアバッグや両側ワンタッチスイッチ付パワースライドドアといったところだ。

トヨタ ヴォクシー価格


トヨタ ヴォクシーの車両価格は以下の通り。

ガソリン車

・X 7人乗り 2,496,960円/8人乗り 2,466,720円
・V 7人乗り 2,786,400円/8人乗り 2,756,160円
・ZS 7人乗り 2,775,600円/8人乗り 2,745,360円

ハイブリッド車

・X 7人乗り 3,014,280円
・V 7人乗り 3,142,800円
・ZS 7人乗り 3,269,160円

▶︎▶︎ヴォクシーを最大限に値引く方法は?新車値引き攻略法はこちら

ヴォクシーに乗り換えを検討しているなら!在庫を見てみる


トヨタ ノア価格


トヨタ ノアの車両価格は以下の通り。

ガソリン車

・X 7人乗り 2,496,960円/8人乗り 2,466,720円
・G 7人乗り 2,786,400円/8人乗り 2,756,160円
・Si 7人乗り 2,775,600円/8人乗り 2,745,360円

ハイブリッド車

・X 7人乗り 3,014,280円
・G 7人乗り 3,142,800円
・Si 7人乗り 3,269,160円

▶︎▶︎ノアを最大限に値引く方法は?新車値引き攻略法はこちら

ノアに乗り換えを検討しているなら!在庫を見てみる


トヨタ エスクァイア価格


トヨタ エスクァイアの車両価格は以下の通り。

ガソリン車※

・Xi 7人乗り 2,705,400円/8人乗り 2,675,160円
・Gi 7人乗り 2,922,480円/8人乗り 2,892,240円/“Premium Package” 7人乗り 2,980,800円

ハイブリッド車

・Xi 7人乗り 3,151,440円
・Gi 7人乗り 3,300,480円/“Premium Package”7人乗り 3,358,800円

※ガソリン車のみ4WDの設定あり。4WD車は205,200円高、もしくは194,400円高。

エスクァイアに乗り換えを検討しているなら!在庫を見てみる


ヴォクシー、ノア、エスクァイアに乗り換える前に今の愛車の買取相場を調べる


執筆者プロフィール
クルマ評論家 CORISM代表
大岡 智彦 氏

CORISM(http://www.corism.com/)編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員。

こちらの記事もよく読まれています

CATALOG
トヨタ ノアのカタログ情報。
  • 今のクルマ、査定はお済みですか?ガリバーは、買取実績12年連続No.1 高価買取で、お乗り換えをサポートします。

記事を探す

SEARCH

キーワードから検索する

  • 検索

例) 新車、スズキ、ハスラー

メーカー・車種から探す

  • 検索

国産車

輸入車

人気のTAGから探す