エコだ燃費だ、などと騒がれ続けてはいるものの、密かに人気を集めているのがプレミアムSUVだ。世界的に見ても多くのメーカーがラインアップしていることでも、その人気の高さがわかる。
そんな数あるプレミアムSUVのなかで、日本を代表するのがトヨタ ハリアー改めレクサス RXと、日産のムラーノだ。どちらも海外、とくに北米での評価が高いモデルで、それに日本市場が引っ張られるような形で人気が出たモデル。それだけにデザインと走り、そして肝心のプレミアム感の演出などどこをとっても抜かりはなし。高級車としての風格を兼ね備えている。とくにレクサス RXはハリアー時代から比べて価格も高くなり、ムラーノとの比較でも軽く100万円を越える価格差がある。

それだけに今回の対決での比較がどうなるか気になるところ。もちろん燃費や環境性能なども重量級だからといって、甘くなることはなし。その実力を多角的に検証してみよう。

この記事の目次 CONTENTS
記事トップ
レクサス RXのファーストインプレッション
レクサス RXの性能
レクサス RXのエンジン&インテリア
日産 ムラーノのファーストインプレッション
日産 ムラーノの性能
日産 ムラーノのエンジン&インテリア
RXほどの高級感はないが、乗り心地は快適なムラーノ

レクサス RXのファーストインプレッション

レクサスのテコ入れも兼ねて、トヨタのハリアーからレクサスのRXへとスイッチ。もともと海外ではレクサスブランドで売られていたわけで、これで名実ともに高級プレミアムSUVの仲間入りしたといっていい。ただし、発表が不況のど真ん中というのはタイミングが悪かった……。

ハリアーからレクサスへの転身 精悍なスタイルで存在感を演出

デザインのベースとしては今までのハリアーの面影を残しつつ、各部分のボリュームをアップさせ、メリハリを付けた感じの仕上がりを見せる。とくにリアはハイデッキスタイルも取り入れて、プレミアム性は確実に向上している。もちろんインテリアも従来からのハリアーらしさというか、レクサスらしい保守的ななかにも大胆さを取り入れており、運転していても安心感溢れる雰囲気に包まれるのは、トヨタの高級車文法が息づいているからだろう。

装備は使いやすく、走行性能は高レベル

そして装備面でのトピックスがリモートタッチと呼ばれるコマンダー状のスイッチ。いわばBMWのiドライブのようなもので、ナビや空調を直感的に操作することができ、インパネまわりもスッキリとしたまとめがなされる。
搭載されるエンジンは3.5リッターのみ。6速ATとの組み合わせで、走りはしっとり。静粛性においても高いレベルを確保する。

燃費はプレミアムSUVの常識を超えた数値

さらにRX450hとしてハイブリッドモデルも用意され、こちらもエンジンは3.5リッターでモーターを組み合わせている。パワー的には4.5リッター並みということで450hの名があるのだが、パワーアシストに振った感があった先代からさらに制御を緻密にしており、環境性能も強化。プリウス同様にEVモードを備えるなどして燃費は18.8km/Lと、プレミアムSUVの常識を超えた数値を実現した。

レクサス RXの性能

エコ&燃費:燃費に優れるハイブリッド、FFを用意

まずハイブリッドの設定があるのは大きな強み。EVモードが付いているだけでなく、排気熱で始動時の水温上昇をアシストもしている。その結果、燃費は18.8km/Lと驚くべき数値。さらに、安価で燃費に優れるFFも用意する。
またトヨタ独自の評価を元に開発から廃棄まですべての過程での環境負荷低減にも力を入れている。

安全性能:エアバッグは最大10個も付く

乗員分の3点式シートベルトやヘッドレストを装備。
衝突安全性に優れた高剛性ボディをベースに歩行者傷害軽減にも力を入れているのは今や当然のこと。多くはオプションだが安全性をさらに高めている。たとえばエアバッグは最大10個も付き、プリクラッシュセーフティシステムも選べる。

取材時実測燃費

7.5km/L

レクサス RX価格帯

460.0〜650.0万円

レクサス RX350 バージョンLエアサスペンションのスペック

レクサス RX350 バージョンLエアサスペンションのスペックは以下の通り。

ボディサイズ(全長x全幅x全高) 4770×1885×1690mm
車両重量 1980kg
エンジンタイプ V型6気筒DOHC
総排気量 3456cc
最高出力 280ps(206kw)/6200rpm
最大トルク 35.5kg-m(348N・m)/4700rpm
ミッション 6速AT
10・15モード燃費 9.4km/l
サスペンション(前/後) ストラット/ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
税込価格 565.0万円

レクサス RXのエンジン&インテリア

レクサス RXのエンジン&インテリアについて詳しく解説。

プレミアムSUVにふさわしいエンジン、タイヤ&ホイール

レクサス RXに搭載されるエンジンは3.5リッターV6のみ。パワーや静粛性、そして滑らかな回転フィールはプレミアムSUVにふさわしいもの。

オプションの19インチタイヤ&ホイールは力強さと高級感を兼ね備えたデザインが印象的だ。標準装着のタイヤは18インチとなる。

質感の高さは文句なしのインテリア

インテリアの質感の高さは文句なし。本木目や本革も上質な素材を用いており、ハリアー時代よりもさらにプレミアム感が増している。

ミッションはRX350が6速AT、ハイブリッドのRX450hは電気式の無段変速機を採用する。6速ATでもCVTに負けない低燃費を実現した。

フロントシートは座り心地も良くスペースもゆったりしている。センターコンソール下部にも収納があるなど、使い勝手の良さも備えている。

リヤシートは頭上、足元ともに十分な余裕が感じられる。静粛性も高いので、長距離ドライブでも疲れにくく快適に過ごすことができる。

リモートタッチと呼ばれるスイッチでナビなどの操作が行なえる。操作力は切り替えられ、走行中は誤操作を防ぐため自動で1段階重くなる。

開口部が大きく使いやすいラゲッジスペース。エアサス仕様はラゲッジ壁面のスイッチで車高を下げられるので重い荷物も積み込みやすい。

リヤシートは左右分割して倒すことができる。荷物の量や乗車人数にあわせてフレキシブルな使い方が可能だ。

リヤシートを両方とも倒せば、このように広いスペースが現われる。フロアも完全にフラットになるので、使い勝手はとてもいい。

日産 ムラーノのファーストインプレッション

世界の並み居るプレミアムSUVと肩を並べても遜色がないほどの個性をもち、日産の斬新な提案として話題になった初代ムラーノ。もともと北米専用モデルだったこともあるが、塊感のあふれるボディと流麗なラインは迫力十分。そして走りはスポーティと、ムラーノらしさをしっかりと確立していた。

デザインテイストは初代を継承 インテリアの高級感を大幅アップ

2代目となってボディサイズ自体はひと回りほど大きくなったものの、リアまわりが若干ボリュームダウンした以外はテイストは変わらず。現代の名工であるクレイモデラーの木村誠氏が登場するCMでもアピールしていたように細部が徹底的に煮詰められて、プレミアム感をさらにアップさせている。ちなみに今回は国内、北米のみならず、世界170カ国での発売される。

先代から大幅に向上したインテリア

一方、インテリアは大きく変わった部分。
先代はスポーツカーのような走りを標榜していただけに、フェアレディZに準ずるようなディテールもあったが、スイートルームをコンセプトにサルーンテイストを全面に醸しだし、触り心地も含めて質感も大幅向上したのは大きなトピックスだろう。

スポーツカーの要素より扱いやすさを重視

走りに関しては、2.5リッターと3.5リッター+CVTというラインナップに変更はなし。ただし、味付け的にはスポーツカー的な部分はなりを潜め、代わりに全域での扱いやすさを重視しており、よりプレミアムSUVらしい走りを楽しめる。
また省燃費向けに用意されていたFFは、4WDでも遜色ない燃費を達成できたという理由から廃止されている。

日産 ムラーノの性能

エコ&燃費:効率のいい走りを実現できる4WDのみの設定

先代にはFFの設定もあったが、2代目は4WDのみ。これはCVTの変速パターンをさらに緻密なものとし、より効率のいい走りを実現できたからで、先代のFFと比べても遜色のない省燃費を実現している。
とはいえレクサス RXよりも130kgも軽く、燃費に有利なCVTを採用しているにもかかわらず、カタログ、実用燃費ともにほぼ同じ。車重などの条件を考えればもう少し頑張ってもらいたいところだ。

安全性能:日産の安全性能は高いレベルを誇る

衝突安全性については、米国での安全性能評価でクラストップの評価を受けているほどで、高いレベルにあり。また日産が以前から力を入れている歩行者保護にも多角的に配慮している。
横滑りを防止するVDCは全グレードに標準装備。リア中央にもヘッドレスト&3点式シートベルトを採用しているのは、グローバルモデルとして当然。

取材時実測燃費

7.2km/L

日産 ムラーノ価格帯

315.0〜404.25万円

日産 ムラーノ 350XV FOURのスペック情報

日産 ムラーノ 350XV FOURのスペックは以下の通り。

ボディサイズ(全長x全幅x全高) 4825×1895×1730mm
車両重量 1850kg
エンジンタイプ V型6気筒DOHC
総排気量 3498cc
最高出力 260ps(191kw)/6000rpm
最大トルク 34.3kg-m(336N・m)/4400rpm
ミッション CVT
10・15モード燃費 9.3km/
サスペンション(前/後) ストラット/マルチリンク
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
税込価格 404.25万円

日産 ムラーノのエンジン&インテリア

日産 ムラーノのエンジン&インテリアについて詳しく解説。

選べるエンジン、静粛性も満足のタイヤ&ホイール

日産 ムラーノは、3.5リッターV6(写真)と2.5リッターの直4を搭載。上質さは3.5リッターだが、2.5リッターでも十分なパワーを発揮する。

18インチの大径タイヤ&ホイールは全車に標準装備。乗り心地とハンドリングのバランスも良く、静粛性も満足できるレベルだ。

インテリアはスポーティ路線からプレミアム感を重視へ

インテリアのデザインは初代に比べて大きく変わった。スポーティ路線からサルーン的なプレミアム感を重視した雰囲気になった。

全車CVTを採用しているが、100kg以上重く6速ATのRXに燃費で負けている。経済性を重視するなら11km/Lを越える2.5リッターがおすすめ。

シートはサイズも大きめで、ゆったりとくつろげる。表皮に使われる本革は手触りもソフトで、まるでリビングのソファのような雰囲気だ。

頭上の空間はRXと遜色はないが、足元スペースはわずかに及ばない。とはいえ広さは十分で、快適な移動空間であるのは間違いない。

ムラーノの4WDシステムはオートモードに加えてロックモードも備えている。このおかげで、より荒れた路面でも安定した走りが味わえる。

RXと同様、ラゲッジの開口部は大きく荷物の積み下ろしはしやすい。タイヤハウスの出っ張りも気にならず使い勝手はとてもいい。

ムラーノもリヤシートは左右分割可倒式。左上のパワーゲート用アクチュエーターの張り出しは、RXよりもやや大きめな印象だ。

最大時のラゲッジスペースはRXと比べても遜色はなく、SUVらしい使い勝手の良さは十分に確保されている

RXほどの高級感はないが、乗り心地は快適なムラーノ

RXはレクサスブランドのプレミアムSUVにふさわしい快適さや静粛性を実現している。エンジンの回転フィールも滑らかで、6速ATは変速ショックを感じさせないスムーズさを備えている。2トン近い車重があるにもかかわらず、CVTのムラーノよりカタログ&実用燃費ともにわずかだが上回っているのには驚かされる。

ムラーノはRXほどの高級感はないが、快適な乗り心地や上質なハンドリングを味わうことができる。

(PHOTO/宮越孝政 モデル/ 佐藤まいみ