新ジャンルのクロスユーティリティビークル「X-HEAD」

 「ジムニー」「エスクード」などの本格4輪駆動車や、高い積載性が自慢の軽トラ「キャリイ」といった“スズキDNA”を受け継ぎながら、全く新しいジャンルのクロスユーティリティビークルとして誕生した2シーター・ライトトラックが「X-HEAD」だ。

 ヘビーデューティな用途に耐えうるフレーム構造に、前後3リンクリジットサスペンションの組み合わせ。LSD付きセンターデフ方式のフルタイム4WDに大径タイヤ、ハイリフト化でアプローチアングル・デパーチャーアングルを拡大。悪路での高い走破性を確保した。エンジンは1.4リッターガソリンエンジンがミッドシップレイアウトされる。

「スズキ X-HEAD」(参考出品)  フロントマスク
「スズキ X-HEAD」(参考出品)  シート
「スズキ X-HEAD」(参考出品)  インテリア

空きポジション、じゃない!?

 荷台にはバイク収納用レールやサイドパネルのマルチボックスなどを採用し、ユーティリティを高めた。またこのほかにも、“キャンパー”や“レスキュー”といった様々な荷台ユニットをアレンジすることも提唱されている。
 インテリアは防水性を高めた全天候対応とされ、アウトドアスポーツなどの用途にも耐えうるタフで実用的な仕上がりとなっている。

 ちなみに「X-HEAD」、ボディサイズは4ナンバー規格内に収めている。かつてはレジャー用途にも使える廉価な4輪駆動の4ナンバーピックアップトラックが存在したが、現在このポジションは空席となっている。そう考えると、X-HEADの市販化の可能性にも期待したいところ。シンプルながらゴツくて存在感あるデザインも、イマドキの若者のみならず幅広い層に支持されそうだ。気になるアナタはぜひ、東京モーターショーのスズキブースでチェックしてみて欲しい!

「スズキ X-HEAD」(参考出品)  サイドビュー
「スズキ X-HEAD」(参考出品)  リアビュー
「スズキ X-HEAD」(参考出品)  リアビュー
車名
スズキ X-HEAD(参考出品)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)
3750x1695x1860mm
ホイールベース[mm]
2250mm
総排気量[cc]
1372cc
エンジン形式
直4 DOHC 16バルブ ガソリンエンジン
トランスミッション
6速デュアルクラッチトランスミッション
駆動方式
フルタイム4WD
定員[人]
2人

【東京モーターショー2007 スズキ パレット】誰もが「あっ!」と驚く くつろぎ空間 デビュー間近!?な軽ハイトワゴン「スズキ PALETTE(パレット)」(参考出品)

【新車情報】 (2007.09.29)

あっ!と驚く、広大なスペースを持つ軽ハイトワゴンがスズキから(も)出展された。その名は「PALETTE(パレット)」。 >> 記事全文を読む


【東京モーターショー2007】スズキの進化を予感させるクロスオーバーワゴン「スズキ コンセプト Kizashi 2」(参考出品)

【新車情報】 (2007.09.29)

スズキKizashiシリーズの第二弾「コンセプトKizashi 2」が東京モーターショーで世界初公開される。今度の「Kizashi」はSUVだ! >> 記事全文を読む


【東京モーターショー2007】スズキが思い描く2030年のモビリティ「スズキ PIXY」&「SSC(スズキ・シェアリング・コーチ)」(参考出品)

【新車情報】 (2007.09.29)

スズキが提唱する2030年のモビリティの姿を現したのが、「スズキ PIXY」&「SSC(スズキ・シェアリング・コーチ)」だ。 >> 記事全文を読む