スズキ ワゴンRの相場価格・値段

スズキ ワゴンR

スズキ最量販軽自動車「ワゴンR」。親しみやすさを持ったレギュラーモデルと、個性を主張する「ワゴンRスティングレー」2種類のスタイリッシュなデザインを採用。「ワゴンR」のラインアップは、アイドリングストップ機能搭載の「FX」を設定。今回、新たに「FA」、「FZ」を設定。「FZ」には、新開発の低燃費化技術「S-エネチャージ」を搭載。ISG(モーター機能付発電機)とS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、減速時に蓄えた電力で加速時にISGがモーターアシストを行うことで、エンジンの負担を軽減し、加速性能はそのままに、燃料消費を抑制する。S-エネチャージと改良を加えたR06A型エンジンとの組み合わせにより、軽ワゴン(全高1,550mm以上)NO.1のJC08モード走行低燃費32.4km/L(「FZ」2WD)を達成。さらに、ISGのスターターモーター機能により、静かでスムーズなアイドリングストップからのエンジン再始動を実現し、快適性を高めた。「FZ」のエクステリアには、シャープな印象のフロントバンパー、安定感を表現したフロントロアグリル、青く点灯するLEDイルミネーションランプ、細く立体的なスポーク形状の14インチアルミホイールを装備。インテリアは、ライトグレー色のインストルメントパネルに、シックな印象のグレー系の内装色を採用。「FX」と「FA」には力強いデザインのフロントグリルとシンプルな造形のフロントバンパーに、ライトグレー色のインストルメントパネルに、落ち着いた雰囲気のダーク系の内装色を採用。充実装備には、ヒーター性能の向上(「FA」2WD車を除くCVT車)、運転席シートヒーターを標準装備(「FA」2WD車を除く)、助手席シートヒーターを新たに設定(「FA」、「FX」5MT車を除く4WD車)。ボディカラーは、新色の白色「クリスタルホワイトパール」をはじめ、全9色を用意。

前年と同じです

車体価格帯
(税抜き)
1~152万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

国内で最も多く走る軽自動車。デビュー当時から常に軽自動車の人気を牽引し、最新モデルでは環境性能を高めるS-エネチャージが搭載され、より燃費が向上している。相場価格は常に高めで安定している。

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他の軽自動車の相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る