ダイハツ ソニカの相場価格・値段

ダイハツ ソニカ

ダイハツの新型軽乗用車ソニカ(SONICA)は、自分らしさや二人の時間を大切にする「フリースタイルカップルズ」をターゲットに、走りの質感革新を目指した新ジャンルカー。エクステリアは、ロー&ロングフォルムをテーマに、爽快な走りをイメージさせる低く長く身構えた、流れるようなプロポーション とし、ボディサイドの8ライトウィンドゥ、横長タイプのリヤコンビランプが低重心でワイドなリヤスタイルを強調する。4人乗り軽乗用車で最も低い全高ながら、2,440mmのロングホイールベースと、コンパクトなエンジンルームにより、1,915mmもの長い室内長を確保。軽乗用車トップの室内幅(1,320mm)と合わせ、広々とした室内空間を実現させた。新開発ツインカム3気筒ターボエンジン「KF?DET型」<TOPAZ NEO>を搭載、CVTとの組み合わせのみ。マニュアル感覚で7速のシフトチェンジが行えるアクティブシフトも用意する。グレードバリエーションは、ベーシックな「R」、充実装備の「RS」、快適装備の「RS Limited(リミテッド)」。全車「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」の認定を国土交通省より取得。2WD車は「平成22年度燃費基準+20%」、4WD車は「同+10%」に適合する。インテリアは、自発光式メーター(RS、RSリミテッド)や、 ステアリングスイッチ付MOMO革巻ステアリングホイール(RSリミテッド)などを採用する。

前年から下降してます

車体価格帯
(税抜き)
2~80万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他の軽自動車の相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る