ランドローバー レンジローバーの相場価格・値段

ランドローバー レンジローバー

第4世代に当たる「レンジローバー」。40年以上に渡り継承されてきた独創的かつアイコン的なデザイン要素を大切にしながら、新次元のラグジュアリーSUVとすべく、現代的な解釈を施しながらゼロから開発されより軽量で頑強、そしてよりいっそう洗練された世界で最も上質なラグジュアリーSUV。SUVとして世界で初めてオールアルミニウム製軽量モノコックボディが採用され大幅な軽量化を実現。ラインアップは、3L V6スーパーチャージドエンジンを搭載する「3.0 V6スーパーチャージドヴォーグ」、5L V8スーパーチャージドエンジン搭載の「5.0 V8スーパーチャージドヴォーグ」、「オートバイオグラフィー」を設定。8速オートマチック・トランスミッションを組み合わせる。特別仕様車は、「3.0 V6スーパーチャージドヴォーグ」をベースにした特別仕様車「プレミアムエディション」(限定30台)を設定。今回、「3.0 V6スーパーチャージドヴォーグロングホイールベース」、「オートバイオグラフィーロングホイールベース」、4人乗りの最上級モデル「オートバイオグラフィーブラックロングホイールベース」を追加設定。「オートバイオグラフィーブラックロングホイールベース」のエクステリアには専用デザインの装備や22インチのアロイホイールを装着し、広々としたインテリアには、22ウェイ電動調整式フロントシートやマッサージ機能、シートクーラー/ヒーターなどを備えたシートや、電動・格納式リア・テーブルなど快適な空間を演出する機能や装備が充実。また、全車にアダプティブ・クルーズ・コントロール(キューアシスト機能およびインテリジェント・エマージェンシー・ブレーキアシスト付)を全グレードに標準装備するなどの改良も行った。右ハンドルのみの設定。

前年と同じです

車体価格帯
(税抜き)
80~2600万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

高級SUVの代名詞でもあるレンジローバーは、全体的なフォルムは以前のデザインを踏襲しているが、随所に最近のトレンドを取り入れており、一定の人気を誇る。現行モデルは登場からさほど経過していないため、相場価格はまだまだ高いものが多い。

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のクロカン/SUVの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る