ホンダ フィットシャトルの相場価格・値段

ホンダ フィットシャトル

コンパクトな5ナンバーサイズのボディであり、ワゴンスタイルの新型コンパクトカー「フィットシャトル」/「フィットシャトルハイブリッド」。「フィットシャトル」は水冷直列4気筒SOHCエンジンを搭載し、トランスミッションには無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)、電子制御5速オートマチックを採用。最高出力120馬力(88kW)/6600rpm、最大トルク14.8kgm(145Nm)/4800rpmを発生。ラインアップには、FF、4WDそれぞれに「15C」「15X」を用意。ボディには、軽量で強度の高いハイテン材(高張力鋼板)や多角形断面形状部材を採用。結合強度を高め、リアまわりを中心に効果的にボディ剛性を強化することで、大容量のラゲッジスペースや大開口のテールゲートを生み出すとともに、上質な乗り心地を支える高剛性ボディを実現。また、ボディやシャシーの剛性を高めるとともに、ノイズの原因となる振動の室内への伝達を抑制したうえで、遮音材や吸音材を効果的に配置することにより、ミドルセダンレベルの静粛性を実現した。さらに変速制御をきめ細かくチューニングし、上質な加速フィールを実現。シート表皮には、センター部にしっとりとしたスウェード調素材、サイド部にやわらかく質感の高いレザー調素材(グランスムース(R))を、また、世界初のダブルヒンジ構造による3通り(セパレート・モード、トール・モード、フル・モード)のアレンジを可能としたリバーシブルフロアボードを採用する。荷室床面とリア開口部との段差をなくした低い掃きだしフロア、荷物の積み下ろしが楽な低いリア開口部地上高は540mm(4WDは565mm)。安全性能として、自己保護性能の向上と相手車両への攻撃性を低減したコンパティビリティ対応ボディ、クルマの横すべりなどを抑制するVSA(車両挙動安定化制御システム)、後方からの衝突時に頚部の負担を軽減する頚部衝突緩和フロントシート、リア中央席のヘッドレストと3点式ELRシートベルトを標準装備。FFでは、10・15モード走行燃料消費率20.0km/L(JC08モード走行は18.6km/L)、4WDでは16.4km/L(JC08モード走行は14.6km/L)と、フィット同等の低燃費を実現。全タイプに実用燃費向上を支援するECONモードを設定。ボディカラーは全8色。

前年から下降してます

車体価格帯
(税抜き)
58~160万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のステーションワゴンの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る