マツダ デミオの相場価格・値段

マツダ デミオ

CX-5、アテンザ、アクセラに続く、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」と新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第4弾となるコンパクトカー、マツダ「デミオ」。バリエーションは、1.3L DOHCガソリンエンジン搭載の「13C」、「13S」、「13S Lパッケージ」の2WD(FF)、1.5L DOHCディーゼルエンジン搭載の「XD」、「XDツーリング」、「XDツーリング Lパッケージ」の2WD(FF)を設定。今回、全グレードに4WD車を設定した。トランスミッションは、SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)を組み合わせる。エクステリアには、マツダのデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を採用し、鋭い瞳に見立てたLED4灯ヘッドランプと、立体的なシグネチャーウイングで、端正ながら生き生きとした表情と生命感あふれる造形を実現。インテリアには、サテンクローム、光沢カラーパネル、カーボン調シボ、レザー、ステッチなどを採用。インテリアカラーにはインストルメントパネル、コンソール、ドアアームレスト等、複数の色と素材を組み合わせた4つのスタイルを設定。安全面では、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」や、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、「リア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)」など、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。ボディカラーは、全10色を用意。

前年と同じです

車体価格帯
(税抜き)
1~238万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

スカイアクティブでおなじみの人気のコンパクトカー。現行モデルはディーゼルも登場し、選択の幅が広がっている。デビュー当時に比べスタイルなど洗練され、人気は年々高まっており、かつ現行モデルは出たばかりのため、リセールバリューも相場価格もまだまだ高い。

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のコンパクト/ハッチバックの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る