ランボルギーニ アヴェンタドールの相場価格・値段

ランボルギーニ アヴェンタドール

12気筒を搭載するムルシエラゴ(Murcielago)の後継機として、スーパー・スポーツカー・セグメントの頂点を再定義したV型12気筒6.5L搭載のランボルギーニアヴェンタドール(AVENTADOR)。ラインアップは、クーペモデルの「LP700-4」、オープントップモデルの「LP700-4ロードスター」を設定。駆動方式は、電気制御式ハルデックス・カップリングが駆動力をフロントとリアに配分する4WD。シングルクラッチ・シーケンシャルトランスミッション「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」が組み合わせられる。ドライバーはエンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、スタビリティ・コントロール、ステアリングを統合制御する「ドライブ・セレクト・システム」によって、「Strada(ストリート)」、「Sport(スポーツ)」、「Corsa(レース)」の3種類の特性変化が楽しめる。左ハンドル設定。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

前年と同じです

車体価格帯
(税抜き)
4100~5500万円

ガリバー自動車
研究所所長

鈴木詳一

分析コメント

アウディ傘下となって初めて発売されたムルシエラゴの後継モデルにあたり、スーパーカーブームの主役の一台だったカウンタックの血を受け継ぐスーパースポーツカー。アヴェンタドールの開発にあたって、競合他社の2世代先をいくモデルとして開発されたため、エンジン・ミッション・足回り・ボディサイズのすべてを新開発したモデル。その目標が先進的なスタイルにも表れている。2011年発売とまだまだ中古車も高値で販売されている。

所長プロフィール

福島県いわき市出身。ガリバー入社後、店長・査定部の経験を活かし「リセールバリュー」の算出、価格予測や中古車の人気傾向を中心としたデータを提供。※ガリバー自動車研究所 国内自動車市場における動向調査を行うことを目的に2000年に設立された研究調査機関。ガリバー自動車研究所では、クルマに関する人気動向、季節や行事、時事とクルマの関係性、リセールバリュー(登録商標第4888249号)などあらゆる角度から調査と分析を行い、レポートを発表しております。

※ 中古車の相場価格は平成26年11月時点のものです。変動することがあります。

※ ガソリン価格は一律150円で算出しています。

他のクーペ/オープンの相場価格・値段を見る

他のボディタイプの相場価格・値段を見る