スマートフォン専用サイトはこちら

ホンダのインサイトの中古車を探す(1ページ目) 

13 件中 1〜13件を表示

(この他にも非公開在庫多数!

ホンダ インサイトのモデルチェンジ

平成21年 2月〜 平成26年 3月
新車時価格 189万円〜 221万円

平成11年 11月〜 平成18年 6月
新車時価格 210万円〜 218万円

「ホンダ インサイト」 未公開在庫優先ご案内

ウェブに登録されている在庫はほんの一部。
未公開の在庫の中に、あなたにぴったりの車が
きっと見つかります! 未公開在庫とは?

ご希望条件を登録(無料)カンタン1分 !

お急ぎの方はお電話で 0120-121-653(通話無料)

失敗しない中古車の選び方

中古車に対して故障の不安はありませんか?

  • 事故車(修復歴あり)って壊れやすいの?
  • 安くてもすぐに壊れたら、修理代がかかっちゃう!
  • キレイなのはわかるけど、エンジンの良し悪しなんてわかりません

中古車購入後の故障に不安はありますか?中古車購入に 不安がある86%(※ガリバー自動車研究所調べ)

関連コンテンツ

ホンダ インサイト について

2009年2月にデビューした現行インサイトは2代目のモデルだが、初代と2代目ではボディタイプも異なるので、全く新しいモデルが登場したと考えるのが適当だ。
環境の時代の新しい基準を作るべく登場した新インサイトは、ハイブリッド車ならではの優れた燃費性能とクリーン性能、ストレスのない爽快な走りと快適な乗り心地、扱いやすいボディサイズと使い勝手に優れたラゲッジスペース、手頃で身近な価格設定などを特徴とした。
5ドアHBのボディは徹底的に空力特性を追求したもので、フロントグリルは燃料電池車のFCXクラリティにも通じるイメージだ。インテリアは先進性を表現して新世代のマルチフレックスメーターを採用、新鮮さと操る楽しさを両立させた。
ハイブリッドシステムはホンダならではのIMA(モーターアシスト)方式のパラレルハイブリッド。1.3Lエンジンに電気モーターを組み合わせて低燃費を実現した。
シンプルなメカニズムによって低コスト化を図ったほか、ラゲッジスペースの容量も十分に確保され、使い勝手に優れたパッケージングを実現した。
2011年11月には、バリエーションを絞って全車にVSAを標準とするなど装備を充実化し、燃費の向上も図った。同時に1.5Lエンジンを搭載するインサイトエクスクルーシブを追加した。燃費はやや劣るが、パドルシフトを備えてスポーティな走りが可能。内外装にも専用の仕様が用意される。
1999年9月に発売された初代インサイトは量産ガソリン車では世界最高の燃費を実現するハイブリッド車として登場した。
そのクルマ作りは燃費追求に徹したもので、2ドアクーペのボディはリヤタイヤの部分にカバーを付けるなどして空力特性を高め、アルミボディによって軽量化を図るなどした。
搭載エンジンは直列3気筒1.0Lで、これに電気モーターを組み合わせる本田独自のIMA方式ハイブリッドを採用した。