「プレスリリース」の記事

IDOM、「攻めのIT経営銘柄2017」に選定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社IDOM(旧社名:株式会社ガリバーインターナショナル、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:羽鳥由宇介、以下:IDOM)は、5月31日(水)、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「攻めのIT経営銘柄2017」に選定されました。

 「攻めのIT経営銘柄」は、中長期的な企業経営の視点から企業価値の向上や競争力の強化に結びつく戦略的な攻めのIT投資を行い、新たな価値の創造、経営革新、収益水準・生産性の向上をもらたらす積極的なIT利活用に取り組む企業が選定されます。上場企業約3500社のうち、調査に参加した382社の中から31社が選定されました。このたびIDOMは「卸売業」として、「攻めのIT経営銘柄」の選定開始以降3社目、また中古車業界では初めての選定となりました。
logo_yoko
■評価ポイント
 IDOMでは、モバイルデバイスを活用した本部一括買取査定システムや画像販売システム「ドルフィネット」など、クルマの買取・販売のビジネスモデルにITを積極的に導入し、これまで事業を拡大して参りました。また、オンライン利用が前提となる月額定額クルマ乗り換え「NOREL」や、個人間売買(CtoC)のプラットフォーム「クルマジロ」など新サービスを創出し、ビジネスとITを融合する積極的なIT活用が評価されました。
当社IRサイト:http://221616.com/idom/investor/leaning/it_strategy

スクリーンショット 2017-06-01 12.07.14
 IDOMグループでは今後ともクルマを通じたカーライフをもっと楽しく豊かにするために、積極的にIT活用をし、お客様に喜ばれるサービスを提供してまいります。

<ご参考>
経済産業省ニュースリリース
URL:http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170531007/20170531007.html



<本件に関するお問い合わせ先>  
株式会社IDOM 広報セクション  
MAIL:pr@glv.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加