「プレスリリース」の記事

2016年もっとも売れた中古車は? IDOMの車種別年間販売ランキング発表

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社IDOM (旧社名:株式会社ガリバーインターナショナル、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:羽鳥由宇介、以下:IDOM)は、2016年1月から12月までのIDOMグループ国内約520店舗で販売した車種について上位ランキングをまとめました。
ぷれす【2016年の傾向】
 年間1位はスーパートールワゴン系のタント。ピラーレスで使い勝手の良さから女性に人気のモデルで2代目、3代目とよく売れており、これまでに発表した上半期ランキングや女性中古車ランキングでも1位を獲得するほどの人気車種です。 
 続いて2位のワゴンR、5位のムーヴはトールワゴン系と、車高が高く、広々と過ごせる軽自動車が総合的に人気を博しました。中古車市場には”登録済み未使用車”と呼ばれる新車とほぼ変わらないコンディションの軽自動車を新車ユーザーも購入する傾向にあります。
 乗用車では、毎回上位に位置するセレナは、以前のモデルである26系や25系が人気モデルですが、昨年夏にプロパイロットという自動運転技術や、ハンズフリーオートスライドドアが搭載された新型のセレナの影響で話題沸騰し、ここ最近は一層売れています。プリウスは、1つ前の3代目のモデルが質の良いハイブリット車として、お手頃価格で購入できることから人気となっています。
 また、デザイン性が好評の旧型ラパンや、それぞれ2014年、2016年に販売終了したライフやモコといった、新車市場では手に入らない車も値ごろ感と選択肢の豊富さから人気が続いています。乗用車よりも価格・維持費などの面から手軽に購入できるため、家族のメインの車としても選ばれやすい軽自動車。特にモコやラパンなど女性をターゲットにした車種が販売台数上位に位置することから、車を買いたい若い女性のニーズを中古軽自動車が満たしていることが伺えます。

(11位以下20位まで:ライフ、スペーシア、モコ、ノート、ミラ、オデッセイ、ハスラー、ヴィッツ、アルト、ワゴンRスティングレー)
詳しくはこちら ▶https://goo.gl/aaF3xq

【2017年IDOM初売り結果】
 2017年のスタートである初売り期間(1月1日(日)〜9日(月))での結果は以下のようになっており、年間ランキングと比べると順位に変動はあるものの、ランクインした車種について変わりはありませんでした。
1位セレナ、2位プリウス、3位ワゴンR、4位N BOX、5位タント、6位ステップワゴン、7位フィット、8位ムーヴ、9位ラパン、10位ヴォクシー

【2017年動向】
 今後は、先日発売され話題異例の売れ行きとなった日産のノートe-POWERのように、独自の先進技術や安全性装備を搭載した新車の登場で、2017年の新車市場はますます群雄割拠となりそうです。そのため、新型車の登場前後や旧型の車種について大きな相場変動が予想されます。

■取材・お問い合わせ先                     
株式会社IDOM
〒100‐6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル25階
広報担当:樋口、小林
TEL:03-5208-5501 FAX:03-5208-5511 
MAIL:pr@glv.co.jp
Facebook:http://www.facebook.com/Gulliver.intl

このエントリーをはてなブックマークに追加