Home  >  IR情報・会社情報  >  IR基礎情報  >  IRポリシー

IRポリシー

基本方針

当社は、株主・投資家の皆様への適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであると認識し、金融商品取引法及びその関連諸規則、東京証券取引所の定める適時開示規則に従って、迅速かつ公平な情報開示を行うことを基本方針としています。

社内体制

当社は、常に株主・投資家の皆様の視点に立った迅速、正確かつ公平な会社情報の開示を適切に行えるよう社内体制の充実に努めてまいります。

情報開示の方法

東京証券取引所の定める適時開示規則において重要事実とされる情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供するTDnet(適時開示情報伝達システム)を通じて行います。TDnetにより開示された情報は、本ウェブサイトに速やかに掲載いたします。

沈黙期間

決算情報の漏洩防止を徹底するために、決算発表予定日前の1カ月程度を沈黙期間として、この期間については決算に関するコメントや質問への回答を控えさせて頂きます。

将来の予想について

本ウェブサイトに掲載されている当社の将来の業績に関する予想は、現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断したものであり、リスクや不確実性を含んでおります。実際の経済情勢等によって、この予想とは大きく異なる結果となる可能性がございます。