自動車ローン選び方のポイント

自動車ローンは金額の大きなローンです。しかも一度ローンを組んでしまうと変更はできず、他ローンへの乗り換えも手間と手数料がかかります。よって、いろいろな自動車ローンを調べてから、実際にどのローンに申し込むかを慎重に判断する必要があります。ここでは、自動車ローンの選び方のポイントについて説明します。

自動車ローンとは
01

銀行の自動車ローンを選ぶ場合のポイント

銀行ローンを選ぶ場合のポイントについて解説いたします。

開く

メガバンクから地方銀行、ネット専業銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協系のJAバンクまで、多くの銀行が自動車ローンを提供しており、多くの選択肢から選ぶことができます。

銀行の中では、メガバンクなどの大手銀行よりも、信用金庫や信用組合、労働金庫やJAバンクなどの地域密着型の銀行、次いでネット専業銀行が、金利が低い傾向にあります。自動車ローンの比較サイトを見ると、全国規模のメガバンクやネット専業銀行が中心で、信用金庫や信用組合、労働金庫やJAバンクなどの地域密着型の銀行はほとんど出てきません。

自動車ローンを調べる場合は、自分の地域の中小の金融機関もしっかりチェックしましょう。信用金庫や信用組合、労働金庫やJAバンクはほとんど自社公式ホームページを持っており、商品情報や金利情報を載せています。また、地域密着型の銀行では、審査の際に個別の事情を考慮して柔軟な対応をしてくれる可能性があります。
銀行の規模や知名度にこだわらず、金利や利便性を考えて選びましょう。

02

信販会社の自動車ローン(販売会社提携の自動車ローン)を利用する場合の
ポイント

信販会社の自動車ローン(販売会社提携の自動車ローン)を選ぶ場合のポイントについて解説いたします。

開く

車の販売会社が提携している信販会社の自動車ローンを利用する場合、選択肢が限られています。しかも、提携の自動車ローンは、ローンの詳細が公開されていない場合が一般的です。そのため、事前に情報が公開されている他の銀行や信販会社の自動車ローンをいくつかチェックし、内容や条件を把握しておいてから、提携自動車ローンの話を聞く必要があります。他の自動車ローンの内容を頭に入れておかないと、その場で比較検討することができません。

また、販売会社によっては、複数のローンプランを提供しているケースがあります。例えば、中古車販売のガリバーには、最初の3年の返済額を増やすことで金利負担を減らす「のりかえ名人」、ローン返済中の車を売却して残ったローンの残債と購入する車の代金を1つにまとめる「お借り換え専用おまとめローン」などがあります。こういった複数のローンプランの違いを見分けるためにも、事前に自動車ローンについて調べ、勉強をしておく必要があります。

03

保証料について

自動車ローンの保証料について解説いたします。

開く

自動車ローンには、別途保証料を支払わなければならない場合があります。これは銀行の自動車ローンによくあるケースです。銀行の自動車ローンでは、保証人を求めない代わりに信用保証会社を利用することが多く、信用保証会社の保証を受けるために支払う手数料が保証料です。保証料は借入金額や返済期間によって変わります。

また、保証料は、借入時に支払うケース、金利に含まれているケース、金利に上乗せされるケース、保証料が無料のケースがあります。金利だけではなく、保証料やその他の手数料も考えた総支払金額で自動車ローンを考えるようにしましょう。

04

固定金利か変動金利か

固定金利と変動金利について解説いたします。

開く

利用する自動車ローンによっては、固定金利型か変動金利型かを選べる場合があります。固定金利型は自動車ローンを組んだときの金利が最後まで変わらずに適用され、変動金利型は基本的に半年ごとに金利が見直されます。一般的に、変動金利の方が固定金利に比べて金利が低い設定です。

では、ずばり固定金利型と変動金利型とどちらを選べばよいのでしょうか。金利上昇局面では固定金利、金利低下局面では変動金利を選ぶと有利とされています。実際には、バブル崩壊後の1990年代半ば以降はずっと低金利状態が続いており、急激な金利上昇は考えにくい状態です。返済期間が3~5年くらいであれば、金利の低い変動金利型を選んだ方が、総支払金額が安く済む可能性があります。

返済期間がもっと長い場合はとりあえず固定金利型にしておき、将来金利の低い良い自動車ローンが出てきたらローンを乗り換える、あるいは繰り上げ返済をして返済期間を短くするなどの選択肢を考えておくとよいでしょう。

以上のように、自動車ローンを選ぶ際には押さえておきたいポイントがあります。上記のポイントを念頭に、自分に合った自動車ローンを選びましょう。

株式会社Mapコンサルティング南達也

専門家プロフィール

栗田美保

ファイナンシャルプランナー(AFP)、二級ファイナンシャル・プランニング技能士、MBA。アメリカの経営大学院にてMBAを取得後、銀行に入行。預金商品やローン商品、クレジットカード商品のマネジメント業務を経て、現在はウェブサイトなどのマネー関連記事の執筆、個人投資家として活動中。

  • ご提案サービス ベストな車とお探しします
  • 車をお探しの方はコチラ
  • 乗りたい車を選んで比較しよう!