【スクープ! 新型 日産 キューブ】発売直前!! 次期 日産 キューブの詳細情報入手! 現行モデルのヒットを受けてキープコンセプトのルックスで登場! 新型 日産 キューブ最新情報

日産 新型 キューブ スクープ画像 リヤビュー

現行キューブの特徴でもある、左右非対称デザインは次期型にも踏襲されるようだ。全体的に角がとれ、丸みを強調したフォルムは女性ユーザーからも人気を集めそうだ。

日産 新型 キューブ スクープ画像 サイドビュー

こちらは5月13日に行われた日産自動車の新中期経営計画「GT2012」記者会見時にチラっと映された新型キューブの映像だ!

11/19 遂に正式デビューした新型 キューブの話題はコチラから!

【日産 新型 キューブ 新車情報】世界同時発表! "キューブらしさ"をさらに追及しもっとピュアに!ピースフルなNEW「キューブ」デビュー!

【新車情報】  written by CORISM編集部 (2008.11.19)

日産は11月19日、小型ハイトワゴンの「キューブ」を6年ぶりにフルモデルチェンジした。今まで2世代続いたキューブは日本国内専用車だったが、今回の3代目モデルより欧米市場への投入が始まる。先代キューブの「ピースフル」なイメージをさらに純化させたモデルチェンジで、キューブが育んだ独自の文化を世界に問う! >> 記事全文を読む


※以下の記事は、編集部が独自に情報収集した10/20現在の「新型 キューブ」スクープ情報です。詳しくは上記の新車情報をご参照ください。

デザインはキープコンセプト! 内外装の質感は大幅にアップする

 次期型キューブのイメージスケッチをチラ見せした、日産の決算会見が行われたのが今年の5月。あれから、半年が経とうとしているが、ついに次期型キューブの全貌が垣間見えてきた。日産のドル箱モデルだけに、どんな世代交代が行われるのか興味深いところ。それでは、さっそくその詳細をレポートしていこう。
 近頃の日産はモデルチェンジを行なう場合、ヒットしたモデルはあえて大きく手を加えることなく、キープコンセプトを貫くという傾向にある。どうやら次期型キューブも先頃発売された新型ムラーノや現行エクストレイル同様、ことルックスに関しては、この路線となる模様。
 とはいうものの、まったく変化がないのかといえばそうでもない。現行型ではスクエアでシンプルなボディラインが特徴だったが、これが若い世代を中心に人気を集めた。次期型ではサイドウインドウの輪郭や外観のシルエット、細部のパーツ類などに角丸の処理が施されるようで、現行型に比べるとずいぶんと愛らしい雰囲気が強調されるようだ。角を丸めたことによって、ボディは全体的にふくよかな印象となり、男性ユーザーだけでなく女性ユーザーに対しても強く訴求できるクルマになりそうである。
 キューブのセールスポイントであるインテリアはどうか? 現行型で好評を博したソファー感覚のシートはもちろん継承される。キューブのキモである室内の心地よさを高めるべく、シート表皮やドアトリム、インパネ回りなども含め、クオリティの向上を図ってくることは間違いないだろう。ライバルと目されているbBやカローラルミオンとの差別化、さらに自らが築いた地位を盤石にする意味でも、インテリアのクオリティや快適性を徹底的に吟味することで、持ち味である“マイルーム”感はさらに強まってくるだろう。

3列シートのキュービックも健在! 輸出も考えた世界戦略モデルに変貌!!

 3列シートを備えたキュービックについても引き続きラインナップされるようだ。コンパクトミニバン市場は少々冷え込んでいる感はあるが、ホンダ・フリードが登場し、さらに新型キュービックが加わることによって、このカテゴリーの魅力が再認識されるのではないだろうか。
 プラットフォームは現行型のBプラットフォームの熟成版が採用されるだろう。エンジンはいまの時代に配慮し、排ガスがクリーンで燃費性能を向上させた1.5リッター直4が搭載される見込みだ。
 ちなみに次期型キューブは、国内専売だった現行型とは一転して世界戦略車の役割を担うことも予想される。原油高の影響もあり、北米を中心にジャパニーズコンパクトカーは軒並み好調。しかし、日産としてはヴァーサ(日本名ティーダ)が苦戦中なだけに、09年から北米を皮切りにキューブを市場へ投入することで巻き返しを狙っている。日産としてはそこで勢いを付け、一気に欧州市場へ殴り込みをかけることも計画しているようだ。
 大ヒットした初代、絶大なインパクトを放ちモデル末期でも人気を集めた現行型。その後を継いで登場する次期型には、多くの人が期待を寄せていることは間違いない。その出来映えはいかなるものか。その答えはもうじき判明する。発表は11月だ。

日産 新型 キューブ 関連情報はコチラもチェック!

【日産 新型 キューブ 新車情報】世界同時発表! "キューブらしさ"をさらに追及しもっとピュアに!ピースフルなNEW「キューブ」デビュー!

【新車情報】  written by CORISM編集部 (2008.11.19)

日産は11月19日、小型ハイトワゴンの「キューブ」を6年ぶりにフルモデルチェンジした。今まで2世代続いたキューブは日本国内専用車だったが、今回の3代目モデルより欧米市場への投入が始まる。先代キューブの「ピースフル」なイメージをさらに純化させたモデルチェンジで、キューブが育んだ独自の文化を世界に問う! >> 記事全文を読む


【日産 でんき キューブ コンセプト】2010年度に日米で発売! リチウムイオンバッテリー搭載の日産 電気自動車を公開!

【新車情報】 (2008.08.08)

日産は、2010年度に日本及び北米で発売を予定している、リチウムイオンバッテリーを搭載した独自開発の電気自動車及び後輪駆動ハイブリッド車の実験車両を公開した。 >> 記事全文を読む


【スクープ! 新型 フェアレディZ】08年12月デビュー!新型「Z34」フェアレディZの画像が明らかになった!〜同時に次期「キューブ」の姿も〜

【新車情報】  written by CORISM編集部 (2008.05.14)

5月13日に発表された日産自動車の新中期経営計画「GT2012」の席で、08年度に発売される9車種が明らかにされた。その中でも一際注目されたのが新型370Z(日本名「フェアレディZ」)の画像だった!世界初の新型フェアレディZのスクープ画像を速報でお届けする! >> 記事全文を読む


【ニューヨークモーターショー2008】日産から「キューブ」ベースの電気自動車が登場!コンパクトリチウムイオンバッテリー搭載「でんき キューブ コンセプト」

【新車情報】 (2008.03.24)

日産は、2008年ニューヨークモーターショー(プレスデー:3月19日〜20日、一般公開日3月21日〜30日)に、コンパクトリチウムイオンバッテリーを搭載した「でんき キューブ コンセプト」を出展した。エコ人気の高まりを受けハイブリッドカーや燃料電池車が盛り上がりをみせる中、日産は電気自動車で対抗する! >> 記事全文を読む


【ホンダ フリード 対 日産 キューブ キュービック 徹底比較】ホンダ フリード vs 日産 キューブ キュービック ザ・対決 比較試乗

【特集】  written by CORISM編集部 (2008.09.20)

ミニバンにもいろいろあるが、トヨタ シエンタに代表されるコンパクトながら3列シートをもつジャンルも根強い人気だ。今回はそんなコンパクトミニバンの中から発売されたばかりのホンダ フリードと個性的なデザインが魅力の日産 キューブ キュービックを比較試乗した。 >> 記事全文を読む


日産 新型 キューブ 新車見積もり
希望しない電話は一切なし
2日以内のスピード回答
よくわからない諸費用を含めてお見積もり
新車見積もりはこちら
代表グレード
新型日産 キューブ予想スペック
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)
3800×1680×1650mm
ホイールベース[mm]
2450mm
総排気量[cc]
1498cc
最高出力[ps/rpm]
110ps/6600rpm
最大トルク[kg-m/rpm]
15.2kg-m/4500rpm
ミッション
CVT

  • 次のクルマ、お決まりですか?ガリバーは販売実績No.1
  • 今のクルマ、査定はお済みですか?ガリバーは買取実績11年連続No.1
  • クルマカタログ 国内外メーカー問わず、最新グレードから絶版となった過去モデルまで網羅!
  • 気になるクルマ、比べてなっとく。