【BMW M3 セダン 試乗記】待望のセダンが日本初上陸! BMW M3 セダンはクーペと遜色のないスポーティな走りが魅力の本格派スポーツセダンだ!

達人「こもだ きよし」が斬る!

BMW M3 セダン 評価

こもだ きよし

職業:モータージャーナリスト
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)、JAF交通安全委員会委員、セーフティドライビング・インストラクター・アカデミー会長、警察庁運転免許制度に関する懇談会委員、BMWドライバー・トレーニング・チーフインストラクターなど...

待望のセダンが新登場! 刺激的なルックスはクーペ譲り

BMW M3 セダン エンブレム

 本国のM3にはクーペだけでなく、セダンとカブリオレというバリエーションも選べた。しかし、これまで日本仕様として正式輸入されたのはクーペだけだった。ところが新しいM3に関しては嬉しいことにクーペに加えセダンも日本のラインナップに加わった。
 M3セダンといってもM3クーペと同様に通常のボディとは異なり、ワイドトレッドになりさらに幅の広いタイヤを履けるように、前後のフェンダーが広がっている。V8エンジンを搭載するためにボンネットのパワーバルジも大きく膨らみ、いかにも走るぞというイメージを演出している。
 フェンダーが膨らんでいるにもかかわらず通常のセダンとM3セダンではスペック上の全幅は変わらない。ちょっと不思議だが、そもそも通常のセダンのボディ幅は1780mm程度しかなく、ドアハンドルの出た分が全幅として認証され1815mmになっているのだ。つまりM3セダンになってフェンダーが膨らんだが、そのドアハンドルによる幅になったということだ。
 3シリーズにはセダン/ツーリング系とクーペ/カブリオレ系の二つの顔がある。だからM3もクーペとセダンでは違う顔になってもおかしくないのだが、M3に限ってはセダンもクーペ顔になっているところが奇妙だ。つまりフロントバンパー、フェンダー、ボンネットに関してM3はセダンとクーペでは共通だということ。
 室内はセダンでは後席にちゃんと3人分のヘッドレストと3点式シートベルトが付き、5人乗りになっている。後席にも乗るチャンスが多い人や、会社の経費で買うために4ドアセダンが有利というユーザーには都合がいいだろう。

BMW M3 セダン フロント
すでに発売されているクーペと同じく、ワイドに膨らんだフェンダーや、V8エンジンを納めるために盛り上がったボンネットが印象的だ。
BMW M3 セダン リヤ
フロントフェンダーやリヤバンパーのエアアウトレットが、特別なモデルであることを物語っている。まさに羊の皮をかぶった狼といった雰囲気。
BMW M3 セダン 18インチタイヤ
スポーティなデザインの18インチホイールを装着する。タイヤサイズは前後で異なり、リヤは265/40ZR18というワイドなサイズとなっている。
BMW M3 セダン フロントマスク
通常モデルではセダン/ワゴンとクーペ/カブリオレは異なるフロントマスクが与えられているが、M3に関してはどちらも同じデザインとなる。
BMW M3 セダン マフラー
マフラーは左右2本ずつの計4本出しで、NAらしい刺激的なサウンドが好印象だ。バンパーのエアアウトレットもスポーツモデルらしさを演出する。
BMW M3 セダン 4リッター V8 エンジン
420psを生み出す4リッター V8エンジンは高回転まで気持ちよく回るのはもちろん、街中での扱いやすさも考慮したセッティングが与えられている。

クーペにも負けない走りを披露する本格派スポーツセダン

BMW M3 セダン 走り

 走りは基本的にM3クーペと変わらない。その違いは2台並べて乗りくらべてやっと判るくらいの差しかない。スムースにつながるクラッチは6速MTを操ることを苦でなく、愉しみに変えてくれる。坂道発進でも2秒間持続するヒルスタートアシストのブレーキによって、免許取立てのドライバーでも1mmも後退せずに発進できる。
 8200rpmからレッドゾーンの高回転型V8エンジンは、直列6気筒に負けないほど高回転で気持ちよく回る。低速トルクもたっぷりあり、サーキットから街中までこなせる懐の深さを持っている。
 コーナリングは正確で鋭い。アクセルペダルとハンドルを介してドライバーの操れる範囲は広い。日本のスポーツカーのようにがちがちに固めてコーナリングするのではなく、しなやかなサスペンションでロードホールディングを高めているから、限界付近の挙動も穏やかで操りやすい。
 しなやかなサスペンションの効果は乗り心地にも現れ、335iより快適な乗り味を提供してくれる。永く付き合いたくなる味わい深いセダンである。

BMW M3 セダン インテリア
赤と青のステッチが印象的な専用ステアリングやチタニウム・シャドーの専用トリムが与えられ、スポーティな雰囲気たっぷりのインテリア。
BMW M3 セダン フロントシート
フロントシートはM3専用のスポーツタイプが奢られている。ワインディングやサーキットでのハードな走りでもしっかりとサポートしてくれる。
BMW M3 セダン リヤシート
リヤシートの居住性は通常のセダンと同様だ。安全装備もぬかりなく、人数分の3点式シートベルトとヘッドレストをきちんと装備している。
BMW M3 セダン メーター
330km/hスケールのスピードメーターが印象的な専用メーターは視認性もよく見やすい。スポーツモデルらしく、油温計も装着されている。
BMW M3 セダン シフトレバー
ミッションは6速MT(写真)に加え、7速M DCTドライブロジックと呼ばれる2ペダルのシーケンシャルミッションも選択することが可能だ。
BMW M3 セダン ラゲッジ
ラゲッジの使い勝手は通常のセダンと変わりはない。左右分割のトランクスルー機構を備えているので、大きなものや長尺物も積み込める。
BMW M3 セダン 走り
BMW M3 セダン 走り
BMW M3 セダン 走り
代表グレード
BMW M3 セダン(6速MT)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)
4585×1815×1435mm
車両重量[kg]
1640kg
総排気量[cc]
3999cc
最高出力[ps(kw)/rpm]
420ps(309kw)/8300rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm]
40.8kg-m(400N・m)/3900rpm
ミッション
6速MT
10・15モード燃焼[km/l]
8.4km/l
定員[人]
5人
税込価格[万円]
973.0万円
発売日
2008/3/17
レポート
菰田 潔
写真
佐藤靖彦
BMW M3の新車見積もり
希望しない電話は一切なし
2日以内のスピード回答
よくわからない諸費用を含めてお見積もり
新車見積もりはこちら

  • 次のクルマ、お決まりですか?ガリバーは販売実績No.1
  • 今のクルマ、査定はお済みですか?ガリバーは買取実績11年連続No.1
  • クルマカタログ 国内外メーカー問わず、最新グレードから絶版となった過去モデルまで網羅!
  • 気になるクルマ、比べてなっとく。