【トヨタ カローラ アクシオ 試乗記】扱いやすさを大幅強化した小さな高級車!

トヨタ カローラ

カローラらしい上品な佇まいで、さらに高級感の増したエクステリア。

トヨタ カローラ

洗練されたグリルと、特長的な逆L字型ヘッドランプが印象的なフロントマスク。ディスチャージ式ランプ搭載車はプロジェクター式となり、精悍さが加わる。

トヨタ カローラ

全高が旧モデルより10mm低くなったためか、シルエットの美しくなったサイドビューが印象的。また立体的で品格あるリアビューは高級車さながらである。

トヨタ カローラ

フロントランプと呼応して、逆L字型のデザインが採用されたリアコンビネーションランプ。シンプルでありながら、豊かな表情を演出する。

トヨタ カローラ

タイヤサイズは14インチと15インチの2種。写真は15インチのアルミホイール。

スタイル インテリア 走り&メカニズム

"アクシオ" のサブネームを新たに追加

 初代モデルがデビューしてから40年目に当たる今年、10代目のカローラが登場した。トヨタ車では、先に10代目を迎えたマーク�がマークXへと車名を変更した例があるが、今回のカローラはセダンをカローラ・アクシオ、ワゴンは従来通りカローラ・フィールダーとして登場してきた。
 
 セダンにアクシオというサブネームを加えたのは、今度のカローラが新しい要素をいろいろ盛り込んで作られたためだが、将来的にはカローラ・アクシオが単にアクシオになっていくのかも知れない。トヨタには、コロナ→コロナ・プレミオ→プレミオという例がある。今回のモデルでもリヤのエンブレムもカローラが小さく、アクシオが大きくデザインされている。

名に恥じない意欲的なモデルチェンジ

 車名はともかく、新しいカローラでは意欲的なクルマ作りが目立つ。従来のカローラは80点+αのクルマ作りによって幅広いユーザーから支持を得てきたが、今回のモデルでは意欲的に新しい要素を取り入れており、従来のクルマ作りから一歩踏み出したような印象がある。
 
 ボディサイズや基本パッケージングは従来のモデルを踏襲している。これはプラットホームを流用したこともあるが、従来のモデルの密度の高いパッケージングは今の時代に立派に通用するものだからだ。海外市場向けにはワイドボディのカローラを作るというが、国内向けをしっかり5ナンバーサイズに抑えてきたことは大いに評価していい。

代表グレード
1.5X
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)
4410×1695×1460mm
車両重量[kg]
1130kg
総排気量[cc]
1496cc
最高出力[ps(kw)/rpm]
110ps(81kw)/6000rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm]
14.3kg・m(140N・m)/4400rpm
ミッション
CVT
10・15モード燃焼[km/l]
18.2km/l
定員[人]
5人
税込価格[万円]
149.1万円
発売日
2006/10/10
レポート
松下 宏
写真
佐藤 靖彦
スタイル インテリア 走り&メカニズム

  • 次のクルマ、お決まりですか?ガリバーは販売実績No.1
  • 今のクルマ、査定はお済みですか?ガリバーは買取実績11年連続No.1
  • クルマカタログ 国内外メーカー問わず、最新グレードから絶版となった過去モデルまで網羅!
  • 気になるクルマ、比べてなっとく。