トヨタ クラウン50thアニバーサリーエディション

クラウン50thアニバーサリーエディション

半世紀の歴史をさらに輝かせる特別仕様車となった。

クラウン50thアニバーサリーエディション

アスリートのスポーティなインテリア。操る楽しさを演出する。

クラウン50thアニバーサリーエディション

ETCやBluetoothにも対応する装備のインパネ。

クラウン50thアニバーサリーエディション

ロイヤルのインテリアは上質さが魅力だ。クラウンの風格が漂う。

クラウン50thアニバーサリーエディション

木目調パネルも現代のサルーンにふさわしい落ち着いた雰囲気。

日本のクルマに新たな歴史を刻む。

 1955年の誕生から日本の自動車の歴史をリードしてきたクラウン。“日本人の頭と腕で世界一のクルマを作る”の気概でつくられたこのクルマへの思い入れは特別である。トヨタ自動車は、クラウンの生誕50周年を記念してロイヤルとアスリートモデルに特別仕様車50thアニバーサリーエディションを設定した。これは、トヨタが新たに刻む日本の歴史であり、日本が世界を見据えたクルマを世に送り出して50年が経ったことを意味する。

 クラウンはカローラと同様に、トヨタの歴史を作ってきた1台。50年もの歴史を受け継いだ「クラウン」という名は、もはやトヨタだけのものではなく、日本車の歴史といっても過言ではない。コロナやマークII、他車ではセドリック&グロリア、サニーなど歴史ある車名は消えていった。そんな今だからこそ「クラウン」という名が大切に思えてくる。同時に、トヨタにはその歴史ある「クラウン」という名を守っていく責任もあるだろう。

 そういう意味では、今回の50周年記念車は少々簡単に作りすぎのような雰囲気も・・・。歴史と風格、そんな「クラウン」にふさわしい記念車が欲しいところだろう。

 特別仕様の概要は、専用オープニング画面を設定したG-BOOK対応高精細DVDボイスナビゲーション付EMV(エレクトロマルチビジョン)や、"50th Anniversary"ロゴ入りのオリジナル本革車検証ケース・オリジナルキーボックス・木目調センタークラスター・スカッフプレート(フロント・リヤ)を全車に装備した点。

 上質かつ高性能な"ロイヤル"シリーズには電動リアサンシェードやインテリジェントAFS付きディスチャージャーヘッドランプ(ロービーム)などが標準装備される。また、
スポーティな魅力の"アスリート"シリーズには専用18インチアルミホイールや本革パーフォレーション表皮(シート・ドアトリム)が標準装備となる。

 価格はロイヤルが405.3〜477.5万円、アスリートが415.8〜447.3万円。

新車見積もりはこちら
代表グレード
3.0アスリート プレミアム50thエディション
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)
4840×1780×1470
車両重量[kg]
1875
総排気量[cc]
2994
最高出力[ps(kw)/rpm]
256(188)/6200
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm]
32.0(314)/3600
ミッション
6AT
10・15モード燃焼[km/l]
11.8
定員[人]
5
税込価格[万円]
483
発売日
04/12/24
写真
トヨタ自動車

  • 次のクルマ、お決まりですか?ガリバーは販売実績No.1
  • 今のクルマ、査定はお済みですか?ガリバーは買取実績11年連続No.1
  • クルマカタログ 国内外メーカー問わず、最新グレードから絶版となった過去モデルまで網羅!
  • 気になるクルマ、比べてなっとく。