人気中古車おすすめランキング2016年夏 ミニバン | 中古車のガリバー
2016年5月31日
ミニバン 人気中古車オススメランキング 2016年夏


人気中古車 ミニバン おすすめランキング2016夏日産 セレナ/日産エルグランド/三菱 デリカ D:5

コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、この夏おすすめの中古車・ミニバンを聞きました。
しかも今回は、中古車選びの醍醐味でもある「知名度が低く新車では人気薄のため、
実は非常に良いクルマなのにお買い得!」な安くて良いクルマも、「裏車種」として厳選してもらいました。

トップへ戻る

  • ミニバン ランキング ベスト1 日産 セレナ

    日産 セレナ

    日産セレナは2016年夏にフルモデルチェンジを予定している。そのため、フルモデルチェンジ後は、グッと価格が下がる可能性があり買い得感が出てくるモデルだ。セレナは2010年に登場。基本設計は随分古くなったが、何度も改良が加えられていて、年式が新しいほど性能・装備が充実している。そのため、狙い目は高年式車両。とくに、マイルドハイブリッド機能が付いたS-ハイブリッドになった車両がおすすめだ。さらに、高年式だと、最新の歩行者検知式自動ブレーキが付いたモデルも選べる。流通台数も多く、選びやすいのも特徴。また、登録済み未使用車が多く出回ってきている。ものによっては、200万強という価格になっているため、高年式車より安く買い得感がある。この登録済み未使用車は狙い目だ。高年式で上質な中古車を探すと約200万円前後の価格になっているからだ。2011年式まで年式を落としても程度の良いものは160万円くらいから。これは、無理してでも登録済み未使用車を買った方がよいだろう。フルモデルチェンジ後なら、さらに価格が下がるので買い得感は増してくる。

  • ミニバン ランキング ベスト2 日産エルグランド

    日産 エルグランド

    現在新車で売られている上級ミニバンは、エルグランドの他、一人勝ち状態のトヨタ アルファード&ヴェルファイア、そしてホンダ オデッセイ。アルファード&ヴェルファイアは、あまりに人気があり過ぎるため、中古車としての買い得感がほとんどない。エルグランドは、新車での人気が今ひとつなのため、中古車としては高値維持しているが、徐々に買い得感が出てきた。高年式だとまだ300万円以上するものの、2011年式になってくると200万円台半ばで上質なモデルが選べるようになってきている。まだ、高値を維持しているもののアルファード&ヴェルファイアに比べれば買い得感があり、リーズナブルに高級ミニバンを楽しむことができる。エルグランドは、現行型なので見栄えもいい。

  • ミニバン ランキング ベスト3 三菱デリカD:5

    三菱 デリカ D:5

    三菱の燃費不正問題の影響で、当然デリカD:5も価格は下落傾向になる。本来なら、十分に高く評価できるモデルなのだが、今回はこうした理由を鑑みて裏3位とした。デリカD:5 は、2007年デビューと基本設計は古い。その間、何度も改良が加えられ熟成されてきた。デビューは古いが、まだ現行車で見栄えもよい。また、オフローダー的なミニバンは他社にはなく、本格的4WD機能をもっているユニークな存在だ。そういう意味では、積雪地域やウインタースポーツ、アウトドアなどレジャーを楽しむ人におすすめだ。また、2013年1月から2.3Lクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルが投入された。大きく重いミニバンと、大トルクを誇るディーゼルエンジンとの相性は良くロングツーリングに最適だ。もちろん、ミニバン+クリーンディーゼルエンジンという組み合わせはデリカD:5のみ。このディーゼルモデルを中心に、登録済み未使用車もそれほど多くはないが流通し始めている。価格的には50万円程度安い印象。こうした登録済み未使用車が出てくると、高年式車は価格を下げないと売れなくなり、全体の相場も下がり始める。もうしばらくすると、さらに買い得感が出てきそうだ。

オススメ ランキングの3台を比較

VSミニバンランキングベスト3 の 燃費・経済性
  • セレナ

    日産 セレナ

    セレナの燃費は初期モデルで14.6㎞/L程度、最新モデルでは15.4㎞/L前後の燃費性能となっている。この燃費値は、このクラスの標準値。セレナの場合、マイルドハイブリッド機能が付いたとはいえ、飛躍的に燃費性能が向上したわけではない。2016年夏にフルモデルチェンジする予定だが、今のところ現行モデルということもあり、中古車価格はそれほど下がっていない。ただし、多くの登録済み未使用車が出ているので、このモデルは買い得感がある。

  • エルグランド

    日産 エルグランド

    エルグランドは、2010年デビュー。2.5Lと3.5Lが用意されている。デビュー当時の燃費は、2.5Lが10.4㎞/L、3.5Lが9.2㎞/Lとなっていて、お世辞にも燃費が良いクルマとは言えない。価格的には2.5Lでも3.5Lでもそれほど大きな価格差にはなっていないようで、後席用のモニターやナビ、レザーシートなど豪華装備の有無で価格差が出ている印象だ。予算的には2011年式で250万円程度の予算があれば、上質で装備の良い車両が手に入る。

  • デリカ D:5

    三菱 デリカ D:5

    デリカD:5には、2.0Lと2.4Lのガソリン車、そして2.3Lのクリーンディーゼル車がある。もはや、燃費値は参考値だが2.4Lの4WDの燃費は10・15モードで10.4㎞/L。最新モデルは、JC08で11.2㎞/Lまで改善されている。クリーンディーゼル車の燃費は13.6㎞/Lを誇る。360Nmという大トルクは、他社のガソリン3.5L車並み。そう考えると、13.6㎞/Lというのは経済的。それでいて軽油は、ガソリンに比べで20円/L以上安いので、高い燃料経済性を誇る。このディーゼル車を中心に、登録済み未使用車が出てきている。価格も随分と安いので、高年式を狙うより登録済み未使用車の方がおすすめだ。

VSミニバンランキングベスト3 の 装備・使い勝手
  • セレナ

    日産 セレナ

    モデル末期ということもあり、登録済み未使用車が流通している。魅力的な価格が付いた車両が多いので、歩行者検知式の自動ブレーキ「エマージェンシーブレーキ」が装備されているのであれば高年式車より満足度も高い。また、グレードにより2列目シートに、リラックスヘッドレストが用意されたモデルがある。ヘッドレストの両端を前に引き出せば、頭部が安定し揺れが抑えられる仕組み。クルマの中で、気持ちよく寝ることができるアイテムだ。セレナの中古車選びで注意しなくてはならないのは、年式が古いと重要な安全装備のひとつ横滑り防止装置(VDC)が装備されていないモデルもある。今では法律で義務付けられている装備なので、VDCが付いている車両かどうかもしっかりチェックして購入したい。

  • エルグランド

    日産 エルグランド

    エルグランドは2014年にビッグマイナーチェンジを行った。大型化されたグリルと、LEDシグネチャーランプが採用され、より洗練された迫力をもつミニバンになった。同時に、3列目シートのスライド量を拡大。ラゲッジスペースの使い勝手を上げている。また、前席の内装材を変更し、室内高をより高くすることで広々とした空間にしている。装備面では、モデル途中から、「MOD(移動物検知)」機能を搭載した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」も一部グレードに追加されている。クルマが大きいので、移動物検知式のアラウンドビューモニターは安全面でも高い効果を発揮する。

  • デリカ D:5

    三菱 デリカ D:5

    デリカD:5を選ぶなら、FFよりも4WD車がおすすめだ。デリカD:5の4WDシステムは本格的な電子制御4WD。2WDや4WDオート、走破性を高める4WDロックと、ドライバー自ら選択し走行できる。最低地上高も210㎜もあり、他のミニバン4WDでは対抗できない走破性をもつ。

VSミニバンランキングベスト3 の 走行性能
  • セレナ

    日産 セレナ

    基本設計が古いため、さすがに最新モデルと比べるとハンドリング性能や乗り心地に関しては古さを感じる。ただし、旧型のノア&ヴォクシー、ステップワゴンなどと比べれば優位。とくに、マイルドハイブッドを搭載したモデルは、アイドリングストップからの再始動時にエンジンの騒音や振動がほとんど感じられない。ライバル車のアイドリングストップ機能も随分良くなったが、セレナのマイルドハイブリッド機能搭載車に比べれば雲泥の差。高級車並みの静粛性だ。

  • エルグランド

    日産 エルグランド

    エルグランドは、設計こそ古いもののリヤサスペンションにマルチリンクを採用している。旧型アルファード&ヴェルファイアは、トーションビーム式で、その乗り味はエルグランドの圧勝。新型アルファード&ヴェルファイアは、ダブルウイッシュボーン式にリヤサスペンションを変更したほどだ。このマルチリンクサスを生かしているのが、全高を低くし低床化したことによる低い重心高。乗り心地もよく、必要以上に頭を振られることなく安定してカーブを曲がれる。

  • デリカ D:5

    三菱 デリカ D:5

    デリカD:5は、4WD車を選びたい。ガソリン車2.4Lは、最新モデルで170ps&226Nmというパワーとトルクをアウトプット。まぁ、これくらいの力があれば必要十分といったところだ。そして、クリーンディーゼル車の最大トルクは、なんと360Nm。このトルクは自然吸気のガソリン3.5Lエンジンと同程度の最大トルクになっている。それも1,500回転という低回転で発生するので、アクセルを踏んだ瞬間からクルマが強く押し出されるようなフィーリングをもつ。この360Nmものトルクがあれば余裕ある走りが可能で、ロングドライブでの疲労も少ない。余裕のあるトルクは疲労軽減の効果もある。

VSミニバンランキングベスト3 の デザイン
  • セレナ

    日産 セレナ

    トヨタのミニバンすべてが強面&迫力系になったこともあり、セレナのクリーンな印象が際立ってきた。とくに、スポーティな外装をもつハイウェイスターは人気グレード。この好感度の高いデザインだけでなく、迫力系を除く顧客向けにカスタマイズされたちょっとギラギラ感をプラスしたライダー、エアロモードなど多彩な種類の外装を用意している。ハイウェイスター以外は、流通量が少ないのが難点だ。

  • エルグランド

    日産 エルグランド

    日産エルグランドは2014年にビッグマイナーを行っていて、デザインが少々変更されている。このマイナーチェンジでは、グリルが大型化されLEDシグネチャーランプが装備された。かなりグッと睨みのきいた顔つきになっており、精悍さが増している。レザーシートには、ダイヤモンドキルトブラックレザーのシートは、オシャレなアンバーアクセントスペシャルステッチが施されていて、ラグジュアリー感あふれる室内になっている。

  • デリカ D:5

    三菱 デリカ D:5

    他のミニバンにはないタフネスさを表現したデザインがデリカD:5の魅力。太めの縦格子グリルに、フロントやリヤにアンダーガードを連想するデザインが施され、本格的なオフローダーデザインとなっている。やや古臭くなった感じもあるが、ミニバン=ファミリーというイメージを払拭するアクティブさが良い。都会で走っている姿より、海や山、雪上を走っている姿がとても似合うミニバンだ。

ミニバンランキングベスト3 の 知って得する中古車値引き交渉術

日産セレナは、フルモデルチェンジ直前ということもあり、登録済み未使用車を出したり、新車は大幅値引きと、なりふり構わぬ姿勢で新車のセレナを売りまくっている。そのため、こした売り方が始まると、高年式の中古車セレナの価格はドンドンと下がっていく。今のおすすめは、登録済み未使用車。登録済み未使用車同士の競合させる中に、新車のセレナを入れるのも面白い。三菱の燃費不正問題で軽自動車が売れなくなった日産なので、1台でも多く売るためにどこまで値引きするかチャレンジしてみる価値はある。さらなる値引きに期待したい。それ以外の中古車は、新型セレナが出てくるのを待ってから購入するのが正解だ。
日産エルグランドは、新車が売れていないので高年式の流通量はそれほど多くないため、同じような車両を探し異なる中古車店同士て競合させるのは難しいかもしれない。そこで、旧型アルファード&ヴェルファイアと競合させたほうが効果的。ただ、旧型アルファード&ヴェルファイアは、同じ年式だとやや高価なので、エルグランドと同じ価格帯の車両を選ぶといい。
三菱デリカD:5 は、燃費不正問題で中古車価格は下がる一方と予想できる。つまり、買い手有利の状況だ。
現状では、ディーゼル車の登録済み未使用車が、かなり流通していて、ディーラー系以外は価格もかなりリーズナブルな状態。もはや、高年式の中古車より安い。狙うなら登録済み未使用車だ。新車販売が今後どうなるかわからないが、こうした登録済み未使用車と新車を競合させてみるのもおもしろいだろう。さらなる、値引きが期待できる。

その他のボディタイプ別 オススメランキング
  • 軽自動車ハイト系 燃費、小回り、街で乗るならやはり便利な軽。
  • 軽自動車スーパーハイト系 燃費と小回りに加えて、アウトドアにも!
  • コンパクト 国産車 無難に選びたいなら、おいしいとこ取りのコレ!
  • コンパクト 輸入車 人気急上昇中!意外とコスパのいい車種多し。
  • SUV デザインと走りを重視する人へ。
  • 高級セダン いつかは乗りたい、王道スタイル。

新車情報の車ニュースを配信中 自動車ニュース

クルマ評論家 CORISM代表 大岡智彦 氏
クルマ評論家 CORISM代表大岡智彦 氏
CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員

  1. 次の車、お決まりですか? ガリバーは販売実績NO.1(※2013年度主要10社における中古車販売台数 小売・卸売合算値 グループ企業除く 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年3月現在) 全車種・全メーカー取扱い。安心サポートが、お客様の共感を得ています。 詳しく知りたい
  2. 今のクルマ、査定はお済みですか? ガリバーは、買取実績13年連続NO.1(※2001年~2013年主要買取専門店7社における 中古車買取台数 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年3月現在) 高価買取で、お乗り換えをサポートします。 詳しく知りたい