トヨタ プリウスの新型と旧型の違いを評価! | 中古車のガリバー
2016年2月10日
トヨタ プリウス 新旧比較レビュー

  • トヨタ プリウス

  • REVIEW 新旧比較レビュー

価格は一段と高価になった新型プリウス。
旧型から比べると、燃費や走行性能は大幅に進化。新旧プリウスの実力を比較する!

  1. レビューをまとめると…
  2. 基本的にキープコンセプトな新型プリウスだが、インテリアデザインは旧型に斬新さアリ!
  3. 歩行者検知式自動ブレーキ「トヨタ セーフティセンスP」が用意され安全性能が大幅に向上した新型プリウス
  4. 旧型プリウスの燃費性能は、今でも優れている。走行性能・安全装備を気にしないのなら、
    コストパフォーマンスに優れた中古のプリウスに軍配?

概要

エンジンと電気モーターを併用することで、燃費性能に優れたクルマに仕上げるという基本は変わっていない。新型プリウスは、デザインも走りも燃費も、いろいろな部分で進化しているが、むしろあまり変わっていないといえるくらいである。

コンセプト&エクステリア

ファニーな旧型か、シャープな新型か?

燃費の良いハイブリッド車という基本コンセプトは変わらない。クルマ作りの方向性は従来のモデルと同じである。
ただ、その水準が大きく向上したのが新しいモデルだ。

外観デザインは、従来のモデルがちょっとファニーな顔つきだったのに対し、新型車は引き締まったシャープな感じを与えている。旧型プリウスは街にあふれていて、多く見かけるのに対し、新型車はまだなかなか見かけないので、今のところ注目度は高い。ただし、新型車も人気モデルになるのは確実で、目立っていられるのも1年くらいが限界だろう。

全体的なシルエットは正にプリウスのもので、特に横から見るとあまり変わっていないように見える。

プリウス フロント

プリウス リア

インテリア&装備

安全性を考えるのなら、やはり新型が優位。

インテリアは変更感があるが、むしろ先進的な印象を与えるのは旧型モデルだ。新型はセンターコンソール部分に白い凹みを設けたのも、何となく古めかしい印象を与えている。

プリウス フロントシート

プリウス リアシート

新型の装備は緊急自動ブレーキを含めた最新の安全装備のTSS-Pが画期的である。プリウス以上のモデルには、上級仕様のTSS-Pになり、人間も見分けてブレーキをかける。旧型モデルではクルマなどの物体だけを対象にしただけの単純なプリクラッシュセーフティシステムであり、しかも装着率が低かったので、中古車で装着車を見つけるのは難しい。安全性を重視するのであれば、間違いなく新型を選んだ方がよい。

ほかにも全車速追従型のインテリジェント・クルーズコントロールやレーンキープアシスト、ハイビームコントロールなど、安全装備に関してはモデルチェンジによる進化の幅が大きい。新型はカーナビも大きな画面で見やすくなり、操作性が向上したほか、Tコネクトの採用で、いろいろなことができるようになった。こうした部分は、やはり新型が優れる。

プリウス トランク

走り&メカニズム

走行性は新型が格段にアップ。ただし旧型の燃費は今でも非常に優れている。

新旧モデルでは、走行性能が変わったのが大きなポイント。基本メカニズムは変わっていないし、TSS-Ⅱが発生する動力性能に至っては、新型車のほうがわずかに低いくらいなのだが、走りのフィールは新型が格段に良くなっている。

とくに、カーブなどでの走りが良くなったのは、低重心化とボディ剛性の強化が大きく貢献している。後輪にダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用した足回りの変更と合わせ、従来のモデルではちょっとスポーティな走りをしようとするとコーナーでふらつくような感じになったのが、今回のモデルではとても安定した姿勢でコーナーを抜けていく新旧モデルの最も大きな違いがここにある。

燃費もざっと20%ほどの向上を見ていて、従来の実用燃費が20km/L超くらいだったとすると、今回のモデルは25km/L超になっている。その分だけランニングコストが下がっている。ただし、旧型の燃費は今でも非常に優れている。新旧の車両価格差はかなり大きい。この燃費差により燃料費で、車両価格の元は取れないだろう。

プリウス エンジン

お勧めグレード

旧型は価格が魅力。選ぶならSツーリングセレクションがお勧め。

新旧モデルの新車価格を比較すると、新型車はざっと20万円くらい高くなった。魅力が向上した分がそのまま価格に反映されたものと見ていい。新車と旧型モデルの中古車を比べると、それだけ価格差が開いたことになるので、魅力の差と価格の差を考えた上で、予算に合わせたクルマ選びをしたい。

旧型は、価格も随分リーズナブルになってきたし、流通量も多くお気に入りの仕様を探すのも難しくない。予算重視というのであれば、旧型もお勧めだ。旧型モデルの中古車を選ぶなら、できるだけSツーリングセレクションを探したい。ツーリングセレクションは価格が高くなるため新車購入時に選択しないユーザーが多かったから、中古車の流通量はあまり多くない。ボディカラーやオプションなども含めると希望の仕様の中古車を見つけるには少し努力が必要かも知れないが、できればこれを選びたい。

また、ツーリングセレクションには新型車以上に最小回転半径が大きくなるというデメリットがあるので、自宅や良く出かけるスーパーなどで、狭い場所での車庫入れが必要になる人には勧めにくいが、たいていのユーザーにはツーリングセレクションがお勧めだ。
これは、サスペンションのダンパーが全く動きの異なる上質なものになっているほか、パワーステアリングのモーターもブラシレスタイプという上級の仕様になっていて、すっきりしたステアリングフィールが得られるからだ。新型プリウスでも同じだが、ツーリングセレクションの詳細についてはカタログにも記入されていないので注意して選びたい。

新車値引き

旧型車では、絶対手に入らないエマージェンシーブレーキが魅力。

新型プリウスの価格は、またも引き上げられている。ざっくり旧型より20万円くらい高価な印象だ。まぁ、それだけ高価にしても売れるという自信の表れでもある。すでに多くのバックオーダーを抱え売れに売れている。

そんな人気車なので、新型プリウスの値引きは、しばらくの間0円であると思ったほうがよい。あまりの人気車ゆえに、値引きしてまで売る必要がないからだ。せいぜい、端数の切り捨て程度や用品のサービスが限界だろう。

<関連記事>トヨタ プリウスを最大限に値引くには?プリウス新車購入術

発売から少なくても半年は、値引きゼロのままが続くだろうから、どんな競合車と競合させても状況は好転しないだろう。ただ、新型プリウスの競合車を買う場合はメリットが出てくる。新型プリウスは、価格も上がりフォルクスワーゲン ゴルフなどやボルボV40、メルセデス・ベンツAクラスなどもライバルとなる。このクラスの輸入車は、もはや燃費では新型プリウスに太刀打ちできない。ブランドや走行性能などで売るしかないのだ。こうしたクルマの購入を考えているのなら、プリウスを競合車に加えてみるのもいい。価格帯が被るゴルフなどは、確実に値引き対応してくる可能性が高い。

中古車の旧型プリウスは、新型が出たことや下取られた旧型プリウスが中古車マーケットにドンドン流れてくることから、価格は下落傾向。旧型もとにかく売れたので、流通量が多い。つまり、近隣の中古車店同士で競合させることも容易。中古車店側も、売れるクルマとはいえ、価格は下落傾向が強いので在庫分はなるべく早く売ってしまいたいはずだ。そうなると、一定の値引き交渉には応じてくれるだろう。

<関連情報>トヨタ プリウスを売りたい!車種情報と最新の買取相場はこちらから

中古車の価格帯(2016年1月時点)
  1. 新型 プリウス

    230~375万円

    新型 プリウスの
    在庫を見てみる

  2. 旧型 プリウス

    83~171万円

    旧型 プリウスの
    在庫を見てみる

  • 乗り換えるかどうか今のクルマの相場を確認してみる
  • 関連記事をみる
自動車評論家 松下 宏(まつした ひろし)

自動車評論家 松下 宏(まつした ひろし)

中古車の業界誌から自動車誌の編集者を経て、自動車評論家に。
誰でも買える価格帯であり、小さくて軽く、そして燃費がよいということを信念として評論。
日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員としても、その信念は変わらない。
そのため、大本命といわれている車種さえ外してでも自らの信念を貫き通す熱いハートをもつ。

  1. 次の車、お決まりですか? ガリバーは販売実績NO.1(※2013年度主要10社における中古車販売台数 小売・卸売合算値 グループ企業除く 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年3月現在) 全車種・全メーカー取扱い。安心サポートが、お客様の共感を得ています。 詳しく知りたい
  2. 今のクルマ、査定はお済みですか? ガリバーは、買取実績13年連続NO.1(※2001年~2013年主要買取専門店7社における 中古車買取台数 株式会社矢野経済研究所調べ 2015年3月現在) 高価買取で、お乗り換えをサポートします。 詳しく知りたい