「ついに、ぶつからない装備装着!」スズキ スペーシア購入ガイド

スズキ スペーシア
<ついに、あのスズキが安全装備を強化! これで敵なしか?>

スズキ スペーシアスズキの営業は、価格重視。そのため、つい最近まで、主力のワゴンRでさえ横滑り防止(ESP)がオプションでも選べない状態が続いていた。当然、スペーシアも同様。顧客は価格重視であり、安全装備にはお金を払わないからだ、という理由からだ。

しかし、それも大きな間違えで、ホンダN BOXが横滑り防止装置を標準装備化。さらに、ダイハツ ムーヴには横滑り防止だけでなく、追突被害軽減自動ブレーキが装備されるようになった。とくに、ムーヴの追突被害軽減自動ブレーキであるスマートアシストは大人気で、高い装着率を誇り販売台数をアップの要因となっている。

 こういった流れを受け、マーケットを読み間違えたスズキは、急遽スーパーハイト系ワゴンの軽自動車であるスペーシアとスペーシア カスタムに、最新の安全技術である追突被害軽減自動ブレーキであるレーダーブレーキサポートをオプション装備できるように設定した。
スズキ スペーシアは2013年2月、スペーシア カスタムは2013年6月にデビューしたばかりのモデル。どちらのモデルも、販売が好調なホンダN BOXの独走を阻止するために発表日を前倒しして投入されたモデルだ。燃費にこだわるスズキは、最新のスズキクリーンテクノロジーを投入。スペーシアの燃費が29.0㎞/L、スペーシア カスタムのターボ車が26.0㎞/Lとクラストップの低燃費を実現した。この低燃費技術と軽量化技術は、さすがスズキというもので、他メーカーがついてこれない状況が続いている。

そんな低燃費技術と安全装備が合体したのだから、今後のスズキ車には隙が無くなったと思っていい。スペーシアシリーズに、搭載されたレーダーブレーキサポートは、衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、横滑り防止装置ESPをセットにした呼称だ。

もともと価格重視のスズキだから、後出しである以上価格も安くなくては意味が無いと判断。ダイハツのスマートアシスト5万円に対して、スズキは4.2万円アップとよりリーズナブルな設定をしてくるという気合の入れようだ。ほんのすこし前まで、横滑り防止装置が6万円前後のオプションであったことを考えれば、赤外線レーダーまで装備してこの価格なのだから、一気にコストダウンが進んだともいえる。まぁ、逆に考えれば、やればできるというか、なぜ今までやらなかったのか、疑問も残る。

スズキ スペーシア

レーダーブレーキサポートのレーダー部分



この追突被害軽減自動ブレーキのシステムには、若干の違いがみられる。スズキはルームミラー前にレーダーを装備。対して、ダイハツはフロントグリルの中だ。ダイハツの場合、グリルの中なので雨滴などにより機能が停止することがある。しかし、スズキの場合は室内にレーダーがあるので、雨滴の影響を受けない。しかし、斜め上から赤外線を照射しているため、検知できる範囲はグリル内からほぼ水平に赤外線を照射するダイハツと比べると、どうしても認識範囲は狭くなる傾向にあり、どちらも一長一短だ。

とくに、軽自動車は初心者から高齢者まで、幅広い顧客が運転する。ちょっとしたミスからの追突など、つまらない事故から回避してくれる装備は、あって損のない装備だ。とくに、子育て層にとっては、子供を乗車させるケースが多い。子供は小さいので、速度が低いとはいえ大人以上のダメージを受ける可能性が高いので、こういった安全装備をケチってはいけない。
 また、レーダーサポートには横滑り防止装置も付いている。この装置は、スペーシアのように背の高いクルマは重心が高く、もしものときに横転の危険性が高い。その横転から横滑り防止は回避する制御もある。また、雪や雨といった滑りやす路面でクルマを安定して走られせることも可能という安全装備だ。
 安全装備が物足りなかったスペーシアシリーズだが、レーダーブレーキサポートを装備すれば、隙のない軽自動車となる。2013年秋にダイハツは、スペーシアシリーズのライバルとなるタントをフルモデルチェンジする。当然、新型タントにもスマートアシストが装備される。タントはBピラーレスのミラクルオープンドアを装備するものの、車重の関係でスペーシアの燃費を上回ることができない。これで、まさにどちらも一歩も譲らない良いクルマ同士の真剣勝負となった。
 スペーシアの選び方は、装備の充実したXグレード、カスタムはXSグレードがベストな選択。これに、レーダーブレーキサポートをつけることが必須。スペーシアをファーストカー的に使い、遠出もするというのなら、よりパワフルなターボ車であるTとTSもおすすめだ。パワフルながら燃費も良いのが特徴で、燃費は26.0㎞/L。このターボ車の燃費の良さは、スズキが一歩リードしている状況だ。
■スズキ スペーシア/スペーシア カスタム価格
●スペーシア レーダーブレーキサポート装着車(メーカーオプション 42,000円含む)
・G 2WD 1,270,500円
4WD 1,388,100円
・X 2WD 1,365,000円
4WD 1,482,600円
・T 2WD 1,459,500円
4WD 1,577,100円●スペーシア カスタム レーダーブレーキサポート装着車(メーカーオプション 42,000円含む)
・GS 2WD 1,454,250円
4WD 1,571,850円
・XS 2WD 1,543,500円
4WD 1,661,100円
・TS 2WD 1,669,500円
4WD 1,787,100円


  • クルマと増税2014
  • 新車ニュース
  • クルマと増税コラム
  • クルマ売買トラの巻
  • 暮らしと増税
  • まにあうクルマ、まにあわないクルマ

  • 次のクルマ、お決まりですか?ガリバーは販売実績No.1
  • 今のクルマ、査定はお済みですか?ガリバーは買取実績11年連続No.1
  • クルマカタログ 国内外メーカー問わず、最新グレードから絶版となった過去モデルまで網羅!
  • 気になるクルマ、比べてなっとく。